« インドネシアの海兵団Marinir | トップページ | Masjid Cut Nyak Dienの利用法 »

2008年1月15日 (火)

インドネシアの郵政 PT.Pos

Kantor_pos
インドネシアの郵政を担当する機関は国営企業体で株式会社形態をとるPT.POS(Persero)である。まだ民営化されてないので100%政府保有となる。本社はバンドンJl. Banda No. 30 Gedung Wahana Bhaktiで、ジャカルタの芸術劇場の裏手にあるこの写真の大きな建物はジャボタベック地区を担当する第IV地方事務所(Jalan Gedung Kesenian 2)である。郵便局数は全国で3,914ケ所だが、日本はなんと24,700ケ所もある(あった?)。
1月9日のブログで掲げたスマランの郵便局の写真は1862年頃の建物で郵便庁がJ.P.Theben Tervileにより設置された頃のもので、第二帝政時代のフランス式建築だそうだ。ジャカルタはフィラテリ記念館(06年5月9日ブログ参照)が1913年に郵便事務所として建てられたものなので、現代のこのビルの建築年代はかなり新しいことになる。一寸変わったデザインに興味を引かれただけである。東京中央郵便局と同じく大きな窓取りが特徴である。

|

« インドネシアの海兵団Marinir | トップページ | Masjid Cut Nyak Dienの利用法 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの郵政 PT.Pos:

« インドネシアの海兵団Marinir | トップページ | Masjid Cut Nyak Dienの利用法 »