« ムルデカ宮殿の警備ポスト | トップページ | Manggala Wanabhakti森林公園とヌラヤン・シーフード »

2008年1月22日 (火)

パルメラーのVihara Dharma Bhakti

Wanabhakti_palmerah_029Klenteng_palmerah_034

別名Klenteng Han Thian Siang Teeに行ってきた。PalmerahのPT.Gramediaの近くである。ここに行くには一方通行の道が邪魔して遠く南のプルマタ・ヒジャウの陸橋の辺りから線路沿いに北上してやってくるしかない。Gramedia の先を右に折れる、両側がびっしり屋台が連なるGangを150メートルほどいくと右側にある。1700年代のものでこの地域をオランダ人から購入した中国人が立てものであるが、この寺院は二つの龍が絡みつく赤い円柱が有名のようである。又奥にイスラムの墓もあるそうである。そう言えばこのGangの左側にイスラム・モスクもあり、共存してたのであろう。クマンギサンからこのパルメラーにも北のグロゴール辺りの中国人が南下して住んでいる。

|

« ムルデカ宮殿の警備ポスト | トップページ | Manggala Wanabhakti森林公園とヌラヤン・シーフード »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パルメラーのVihara Dharma Bhakti:

« ムルデカ宮殿の警備ポスト | トップページ | Manggala Wanabhakti森林公園とヌラヤン・シーフード »