« Rivoli劇場は不滅か | トップページ | 今日はHari Istiqlal »

2008年2月21日 (木)

BMGの打ち捨てられた事務所

Bmg_033
Arief Rahman Hakim通りのアングリカン・チャーチ英国協会の手前に崩れかけ放置された建物がある。ここも市の中心といえば中心であるが放置されてもう長い。 運転手に聞くとBMGだという。又正確にBadan Meteorologi dan Geofisikaというので後で調べたが気象・地球物理学庁となる。 さしずめ日本の気象庁にあたるが気象のほか、地震、津波、磁力、時刻、空気、干潮、山火事など何でも扱う。日本の気象庁だけの名前は簡単すぎる。
Goeだけ取って見てもGeochronology地球年代学、Geography地理学、Geology地質学、Geometry幾何学、Geomorphology地形学、Geophysical地球物理学、Geopolitics地政学があるがこの中の一つでも運転手がちゃんと言えたのには驚いたわけである。 なんせオランダが1866年には政府の機関として設置した国である。写真の左手は屋根も崩落している。真ん中のファザードは東オランダ建物のものである。
現在の事務所はクマヨランのJl. Angkasa 1 No.2, Kemayoran, Jakarta Pusat - Indonesia (Telp. 021-4246321)にあるので今度ゴルフの序に見てこよう。

|

« Rivoli劇場は不滅か | トップページ | 今日はHari Istiqlal »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMGの打ち捨てられた事務所:

« Rivoli劇場は不滅か | トップページ | 今日はHari Istiqlal »