« チキニ事件:Indonesian Heritage Societyの間違い | トップページ | ガヨ・マウンテン・コーヒーの行方 »

2008年2月13日 (水)

IHSの間違いその2:Vihara Dharma Bhakti

Klenteng_palmerah_034
Palmerah_selatan_028
先に間違いを指摘したIHS出版の本であと一つ間違いがある。1月22日で紹介したVihara Dharma Bhaktiの住所であるが本にはPalmerah Barat No5とあるがここにはなく、在るのは紹介したとおりグラメデァの先のGangをパルメラー市場に向かって下るところの住所で言えばPalmerah SelatanのGeloraである。両者はバス通りの南と北で2kmも離れている。小生がここで撮った龍の彫り物の柱はその本で写真が出ていたものと同じでありそれが間違いの決め手である。
Palmerah Barat 5は小さな小道で、所在を尋ねた小さな商店は中国人の店であった。ステテコの親父が煎餅などを店先に並べていた。写真の小道はパルメラー市場に下る道の方である。

|

« チキニ事件:Indonesian Heritage Societyの間違い | トップページ | ガヨ・マウンテン・コーヒーの行方 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IHSの間違いその2:Vihara Dharma Bhakti:

« チキニ事件:Indonesian Heritage Societyの間違い | トップページ | ガヨ・マウンテン・コーヒーの行方 »