« 今時のJALとKAL 2月11日 | トップページ | IHSの間違いその2:Vihara Dharma Bhakti »

2008年2月12日 (火)

チキニ事件:Indonesian Heritage Societyの間違い

Percik_070Wahidin_utomo_066

Indonesian Heritage Societyが出している本に、スカルノが狙われたチキニ小学校爆弾事件があったところをチキニラヤNo.87の学校だと写真つきで説明していたがどうも腑に落ちないので再度訪問し学校敷地内にいる住民に聞いたところどうもその本は間違いであると思われる。正しくはこのブログに掲げた方である。ほんの真向かいと言える、Cikini RayaのNo.74-76にありYayasan Penguruan Cikiniという財団経営で幼稚園TKからSD、SMP、SMA、SMK、SMM(Musik)、ISTN(Institut Sains dan Teknologi Nasional科学技術)迄備えている。
一寸先のブンカルノ大学とは経営体を別にするのであろうがこれを入れると幼稚園から大学までであることとなる。
ここがチキニ事件が起こった場所であるという決め手はJoang 31記念館に飾られている狙われた車の説明にPenguruan Cikini(Percik)と記述されていたからで又間違いの方はSMP Negri 1で中学校のみである。

|

« 今時のJALとKAL 2月11日 | トップページ | IHSの間違いその2:Vihara Dharma Bhakti »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チキニ事件:Indonesian Heritage Societyの間違い:

« 今時のJALとKAL 2月11日 | トップページ | IHSの間違いその2:Vihara Dharma Bhakti »