« 所在不審な都心と大空間 | トップページ | MIKO Koffieは最古のコーヒーハウス »

2008年2月 1日 (金)

蘭英の戦没英霊墓地Menten Pulo

Menten_pulo_minankabau_004
カサブランカに建つ同名のアパートの裏には広い墓場が広がっている。元々このカサブランカ通りは墓地を横切って作られたものでプリ・カブランカだったか手前のアパートは全面お墓に囲まれていると言ってもおかしくないくらいである。中国系の墓の荒れた一帯もあればイスラムのTPU一般墓地で少し手が入った一帯もあり、其処に立派に仕切ったヨーロッパ風墓地もある。其処はオランダの英霊墓地と英連邦墓地の2セクションがあるようでオランダ・セクション側にキリスト風とイスラム風がアレンジした礼拝所がたっている。行った日は曇った日で人影も無く為に中に入るのがためらわれたが、物の本には第二次世界大戦時に、日本軍の侵略に倒れた軍人及び一般市民の墓と言うことで5,000体ほどは白き十字架がびっしり並んでいる。日本軍が全てでないであろうが複雑な感に打たれる。毎年4月と5月に当地の両大使館主催の祈祷式が行われる由であるので、日本の罪を糾いたい人は行ってみると良い。

|

« 所在不審な都心と大空間 | トップページ | MIKO Koffieは最古のコーヒーハウス »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蘭英の戦没英霊墓地Menten Pulo:

« 所在不審な都心と大空間 | トップページ | MIKO Koffieは最古のコーヒーハウス »