« 蘭英の戦没英霊墓地Menten Pulo | トップページ | スナヤンのアヴァタラ:ラーマの像 »

2008年2月 2日 (土)

MIKO Koffieは最古のコーヒーハウス

Wanabhakti_palmerah_015
先日のマンガラ・ワナバクティ公園の中にちょっと旧いコーヒーハウスがある。池に面した建物で周りの戸外にもパラソルとイステーブルが4パラソルほどあり、ちゃんと明かりと音楽が配線されていて、日曜日など客は 中に2~3人と言う程度で読書、執筆にはもってこいの場所である。
壁に旧い看板風な宣伝文句があり 200 Jaar Meesterschap in Koffieと書いてある。200 years Mastershipと言う意味か MIKO Koffie NVはベルギーの会社で1801年にLeonardus Michielsenが焙煎業をはじめ長男が1908年にCoffee Houseをオープンした。現在は世界各地に進出しており、真空パックやMIKO Filterなど開発してきた歴史を持つ。MokaとかCappucinoとかLatteとかも書いてある中にAcornと言うのがあったがなんだろうか

|

« 蘭英の戦没英霊墓地Menten Pulo | トップページ | スナヤンのアヴァタラ:ラーマの像 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MIKO Koffieは最古のコーヒーハウス:

« 蘭英の戦没英霊墓地Menten Pulo | トップページ | スナヤンのアヴァタラ:ラーマの像 »