« ガヨ・マウンテン・コーヒーの行方 | トップページ | 東京駅の新幹線乗り場 »

2008年2月15日 (金)

プルタミナの新社章の意味

Pertamina_ss
プルタミナの本社写真をブログに掲載した所、ビルの壁の会社ロゴが昔と変わっているのを 廣澤さんから指摘された。そういえばあの有名な昔の竜の落とし子(クダ・ラウト)が現代風に変わっていた。もう何年にもなるのに気がつかなかったが、スハルト退陣後の改革の動きはプルタミナにも押し寄せ2001年第22号 新石油ガス法で独占的権力或いは決定権を剥ぎ取られ、又ダウンストリームの市場の自由化が打ち出され、2003年には政令No.31/2003でプルタミナの株式会社化が実施された。
この株式会社化を機にこの新ロゴが改訂されたのであろう。
今ではシェルのガソリンスタンドも見られるようになり、火がついたプルタミナも全てのガソリンスタンドの模様替えと各地に新SSを設置拡大している。
チカンペック高速道路沿いには立派な休息エリアと共にモダンなSSが建設されているがそこの写真は何れ置き換えるとして写真は街中のものである。赤いかさとかいわれるが。。

|

« ガヨ・マウンテン・コーヒーの行方 | トップページ | 東京駅の新幹線乗り場 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プルタミナの新社章の意味:

» 社章の七宝仕上げ(メッキとのコラボレーション) [社章 ピンバッジ販売企画デザインの株式会社東京工芸舎]
社章のメッキ仕上げや七宝仕上げはご紹介いたしましたが、今回は七宝とメッキの仕上げのコラボレーションタイプのご紹介です。 本来弊社のロゴには2色(2ヶ所)の仕上げになっておりますが縁の色を残し中央のロゴだけはメッキ仕上げで強調する仕上げです。 いかがでしょう..... [続きを読む]

受信: 2008年2月28日 (木) 23時09分

« ガヨ・マウンテン・コーヒーの行方 | トップページ | 東京駅の新幹線乗り場 »