« 今日はHari Istiqlal | トップページ | サリーナのマクドナルド »

2008年2月23日 (土)

東京ジャカルタ会と日イ博覧会

2008
昨日、恒例の東京ジャカルタ会冬季親睦会に行ってきた。主賓ユスフアンワール大使のスピーチ(エディソン・ムナフ教育文化アタッシェ)に対し日本側は竹内大使が挨拶された。総勢60名が参加、女性コーラスのコールアングレック(代表:船田さん)が色を添えた。最高齢は日本占領時司令部に勤務していた岡部さん(88歳)である。現役・前向きのインドネシア側に対し日本側はインドネシア・クナンクナンガンばかりであるが、今回は日経新聞の小牧さんが日経の若い世代を引き連れてこられていた。日イ友好年の事業、日イ博覧会の説明のためでもある。昔の日本の力を思い出し人々を頑張らなくちゃと元気づけたのではないだろうか。驚くことにこの博覧会は日経新聞社がインドネシア側最大のメディアコンパス社を誘い主催していることだ。日イ国交回復50周年記念、日イ友好年をぶち上げた政府関係者がいるとすると最大の目玉が出来てホットする事であろう。博覧会はクマヨランのJIEXPOで11月1日~9日に行われれ300社の参加を見込んでいる。(照会先:日経文化事業局FAX:03-5155
-2860である。参加料金はブースm2当たり$230)JALの機内でのジャカルタ紹介ビデオに追加でこれを案内してあげてはどうだろうか

|

« 今日はHari Istiqlal | トップページ | サリーナのマクドナルド »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ジャカルタ会と日イ博覧会:

« 今日はHari Istiqlal | トップページ | サリーナのマクドナルド »