« インドネシア金融界の不気味 | トップページ | BMGの打ち捨てられた事務所 »

2008年2月20日 (水)

Rivoli劇場は不滅か

Rivoli
クラマット・ラヤ通りをスネンから下ってくると右側クラマット・プロから出てくる道の角にこの映画館がある。なんとなく古くいつもここを通ると目を引く何故か不思議な建物である。
グナダルマ大学のSiregar氏によるとここは1950年~1970年代にインド映画専門の映画館であった落ちぶれかけたのを1980年代にスタヂオ21に対抗したデザインで国内映画に切り替えて再興したが1990年代には又寂れもうずっとこの通りの陋屋を晒している。
多分ショッピングモールなどに変わるのであろうか。ここを通るバスの車掌はRivoli! Rivoli! Rivoliと乗客に連呼していたが、最近出来たバスウエーの駅名はPalputihと言う30メートル先の小道の名前が付けられている。この懐かしい名前も消えていくのであろうかとSiregar氏はなげく。

|

« インドネシア金融界の不気味 | トップページ | BMGの打ち捨てられた事務所 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rivoli劇場は不滅か:

« インドネシア金融界の不気味 | トップページ | BMGの打ち捨てられた事務所 »