« 改装成ったマンディリ博物館 | トップページ | 500年前の土のままのファタヒラ »

2008年3月 9日 (日)

Gedung Tinggiは健在

Gedung_tinngi_naname_08
201jan02
昔パルメラーのグラメディア社を訪問したとき、近くにGedung Tinggiがあることを思い出しそれらしき場所に行ってみた。其処には新しい建物が建っており、聞くとこれもグラメディア社のものだというので,まさか文化の担い手である出版社が歴史遺産を潰しはしないとだろうと不審に思っていた。
案内書の住所Palmerah Baratを訊ねて行ってみると、そこにはちゃんとGedung Tinngiがあったのである。老人とのやり取りで破壊されたことになっていた自分の勘違いに胸をなでおろしたことだった。この建物は18世紀の終わり頃この地の農園主Andries Hartsinckが1780年に建設したとある。建物の様式は当時流行ったオランダ・インドネシアの混合様式で一階は広いオープンギャラリーで二階はクローズト・ヨーロピアン・スタイルで、チークのフロアとロビーのタイルが今も残ったオリジナルという。90年代には一部だけ警察が使用していたが現在も標識は見えないが警官が出てきて審問されたので警察分署には違いないが2階などちゃんと使えるようになっていた。90年台の写真と並べてみよう。

|

« 改装成ったマンディリ博物館 | トップページ | 500年前の土のままのファタヒラ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gedung Tinggiは健在:

« 改装成ったマンディリ博物館 | トップページ | 500年前の土のままのファタヒラ »