« Jayawikarta皇子とJoko Santosoジャヤ師団長 | トップページ | 名門Jacobson van den Bergの何処へ »

2008年3月29日 (土)

キャプテン・ジャスはJassenBrug

Kapiten_jas_prasasti_016
プラサスティ墓地公園の中の左手、大きなMimbarの木の下にKapten Jasと言う名の墓石がある。墓石と言うより色々な石や可愛い像が置かれた一つの囲いで多くの人が敬慕の為に訪れている。1768年死亡と記されているが実在の人との確証はなく想像の世界の人のようで伝説的に三つの話がある。一つはコタのポルトガル教会Jassenkerkとも言われる教会の近くにチリウン川に掛かる橋がJassenbrugでこのJassenから来ている。Jassen はCiasemの訛ったもので西部ジャワCiasemからの木材がこのJassenbrugに貯木されていた。当時はバタビアは不衛生の町で遠くから船でやってくる人々も上陸するや発病し近くの現在BI博物館の所に病院があり、収容後直ぐ死体となりJassenkerkの墓苑に埋められたがここもスペースがなくなり、ここタナバンに移されたと言うがここもそう広くはないので捨てられたのかも知れない。その中の一つがKapten Jasと言うのであるがこの囲みが多くの人々の悲しみを囲んでいるのかも知れない。

|

« Jayawikarta皇子とJoko Santosoジャヤ師団長 | トップページ | 名門Jacobson van den Bergの何処へ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン・ジャスはJassenBrug:

« Jayawikarta皇子とJoko Santosoジャヤ師団長 | トップページ | 名門Jacobson van den Bergの何処へ »