« マタラムのSanggurah碑文 | トップページ | プルメスタの最後 »

2008年3月 4日 (火)

ジャカルタ憲兵隊の陋屋刑務所

Sultan_agung_33_mp_yoko
マンガライのパサラヤからクニンガンに戻ってくる道にいつも何かあると思いつつ通り過ぎてしまうのであるが、行って見ると軍の施設と陋屋があった。ここはスルタン・アグン通33番地で隣のルンプット市場に車を止め写真を取ってきた。 旧いオランダ時代の建物のように見えるがインドネシア国軍の憲兵司令部(Polisi Militer:POM)である。其処を恐る恐る過ぎてその隣の道の角地に朽ち果てるのを放置された建物がある。そことPOMとは境の塀の破れで繋がっており、POM内でたむろしている兵士が此方を覗いている。ここは又聞きによると憲兵隊の刑務所であったという。隣の憲兵司令本部は綺麗に維持されているが、ここにはジャカルタ市の歴史保護建築物の標識はないので、いずれ取り壊されるに違いない。

|

« マタラムのSanggurah碑文 | トップページ | プルメスタの最後 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ憲兵隊の陋屋刑務所:

« マタラムのSanggurah碑文 | トップページ | プルメスタの最後 »