« Permesta・PRRI国内反乱と国軍の偉業 | トップページ | ジャカルタ憲兵隊の陋屋刑務所 »

2008年3月 3日 (月)

マタラムのSanggurah碑文

一寸1ケ月前ヒンドゥー・マタラム朝の文化遺物であるPrasasti Sanggurahと言うのが
イギリスから返却されるニュースがあった。未だ交渉中であったので帰ってきたわけではないがこれはラッフルズが収集した中から上司のMinto総督に献上されミントーはスコットランドに持ち帰っていたものである。従いMinto Stoneと呼ばれることがあるが
3メートの高さ、3トンの銘板となっており西暦982年当時のマラン地方の王名Sri Maharaja Rakai Pangkaja Dyah Wawa Sri Wijayalokanamottungga (Dyah Wawa).など古代ジャワ語で588文字が刻まれている。マタラムが中部ジャワから東に移った謎を解く重要なものだそうだ。
交渉はHashim Djojohadikusumoがやっている。彼はスミトロ博士の御曹司で今は骨董屋をやっている。昨年11月には彼の家に5つの文化遺物が見つかりつかまっていた。

|

« Permesta・PRRI国内反乱と国軍の偉業 | トップページ | ジャカルタ憲兵隊の陋屋刑務所 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マタラムのSanggurah碑文:

« Permesta・PRRI国内反乱と国軍の偉業 | トップページ | ジャカルタ憲兵隊の陋屋刑務所 »