« インドネシア最初のガス灯・クタパン | トップページ | Alaydrus通りの謂われ »

2008年4月16日 (水)

3月の投資環境トピックス・ニュース


* 今年の自動車販売52万台、輸出倍増目指す:業者協会。
* イ経営者協会全国会議:大統領が法人税最高税率の段階的引き下げ案
* フィリピンで訓練されたジェマ・イスラミアのイ人約300人が帰国のもよう:警察長官。
* 対日LNG輸出、日本の電力会社6社と2011年以降段階的に輸出量削減で合意
* 事業統合/合併会社への税便宜、必ず黒字が条件:財務相令。所得税率10%の措置。
* ガルーダ航空、6月より名古屋~デンパサール便再開へ。週3便運航予定。
* 国連安保理でのイラン制裁決議:非常任理事国のインドネシアが唯一の棄権票投じる。
* 大気汚染と犯罪で住みにくい:ECA。254都市中ジャカルタ190位、スラバヤは212位。

|

« インドネシア最初のガス灯・クタパン | トップページ | Alaydrus通りの謂われ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の投資環境トピックス・ニュース:

« インドネシア最初のガス灯・クタパン | トップページ | Alaydrus通りの謂われ »