« UKI Diponegoro はオランダ時代のクリスチアン学校 | トップページ | Nillmijとそのジョグジャ支店 »

2008年4月25日 (金)

インドネシアの国有銀行数の変遷とBANK EXPOR

金融危機前まではインドネシアの国営銀行は7行であった。既にこのブログでそれらの出生は伝えたので略称で言うことにすると、BNI、BRI、BDN、BBD、BAPINDO、EXIM、BTNである。この内その名前が残っているのがBNI、BRI、BTNであるがBDN、BBD、BAPINDO、EXIMの4行は1999年合併しBank Mandiriとなった。従いこの時点では4行に減った。
輸出入金融専門に見えたEXIMがなくなったように見えたが、同年政府はBank Expor Indonesai(BEI)を設立しているので5行が正解である。但しBank Exporは預金を受け入れないので商業銀行ではない。 EXIMはその名前と異なり他の銀行と同じ商業銀行となっており、本来の政策金融は中央銀行たるBIが行ってきたがこれを分離独立させたのがBEIであり、その発足には日本のEXIM(現在のJBIC)の10億ドルの融資の存在が大きく貢献した。
今、中銀は銀行部門の再編強化構想(API)を持っておりこれら少なくとも4行は更に1行に統合されるのであろうか Bank Exporの本社はジャカルタ証券取引所ビル(Gedung Bursa Efek Jakarta:Menara II Lantai 8,Jl. Jend. Sudirman, Kav 52-53 Phone : (6221) 515 4638)である。恥ずかしながらこの銀行の名前は完全に失念していた。それだけビジネスマンの言の葉にでないのかあるいは?

|

« UKI Diponegoro はオランダ時代のクリスチアン学校 | トップページ | Nillmijとそのジョグジャ支店 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの国有銀行数の変遷とBANK EXPOR:

« UKI Diponegoro はオランダ時代のクリスチアン学校 | トップページ | Nillmijとそのジョグジャ支店 »