« Masjid Angkeベタウイ ウラマの勝利のシンボル | トップページ | Trounojoyo通りの警察機動隊? »

2008年4月12日 (土)

スカルノ・ハッタ飛行場の代替アクセス

Daan_mogot_cengkareng
日本に帰ってきた日は朝から晴天、その前の日も日中はかんかん照りであったが夜は雷雨激しく帰国日が心配されたが、その通り夕方から雨となった。飛行場に着いてからは雨も止み、前回同様ジャカルタ市のネオンを見ながらテイクオフできた。既に雨季も去らんとしているのでジャカルタと飛行場のアクセスで洪水の心配は要らないと思うが滞在中に一度調べてみたことがある。但し道は細く渋滞この上もないことを覚悟しなければならない。
一般にはメラック高速でセルポンからタムリン通りを北上するか、カラワチからイマム・ボンジョールを北上する方法がある。タムリン通りはスディルマン通りとなりダーンモゴットを突き抜けプンバングナンIII通りからマルセカル・スルヤダルマに出て飛行場の裏手に出る道である。イマムボンジョルも北上したあとスルヤダルマに向かう点では同じであるが小生はダーンモゴット通りに出てから右手に取りハリム・プルダナクスマ通りから北上し
フセン・サストラネガラから飛行場の前の最後のTollgateに出る道がある。成田からは京成電車で差し込む陽光と桜を楽しみながら家に戻れたことは嬉しいことであった。写真はダーンモゴット通り、左手に取るとハリム通りとなり飛行場に北上する。

|

« Masjid Angkeベタウイ ウラマの勝利のシンボル | トップページ | Trounojoyo通りの警察機動隊? »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカルノ・ハッタ飛行場の代替アクセス:

« Masjid Angkeベタウイ ウラマの勝利のシンボル | トップページ | Trounojoyo通りの警察機動隊? »