« Si PitungやSi Jampangはマルンダの義賊 | トップページ | Jayawikarta・Wijayakarta の正体 »

2008年4月 9日 (水)

チナ・ベンテン?は禁句

Tangerang_kinkou
良く耳にするが中国人の中でもタンゲランに住む人々を呼称する非公式名称である。一般的にチナ・ベンテンの人々は、農民、漁師、畜産を営み・・下流で貧しい豚などと蔑まれていた。中国人社会としては旧く、最初から中国語を下敷きにしたマレー語を使い、他の中国人社会とは異質で現地のプリブミ住民に似た特質を持っている。これは中国人と住民との間の既に300年以上の混血のせいである。中国人かと思うとプリブミでプリブミかと言えば中国人"terlalu Pribumi kalau dikatakan sebagai orang Tionghoa dan terlalu Tionghoa kalau dikatakan sebagai orang Pribumi", なとと言われる。
ここでは住民間の文化や信仰のタブーが衝突することなく自然に平和に混交し、衣装、料理舞踊などに豊かな文化が見られる。この文化の交流はタンゲランの文化資産でありタンゲランの青年達はPecun と言う龍の船の競争祭りのようなチサダネ・フェスティバルを実施している。またCap Go Meh(旧暦正月の明け)でもタンゲラン青年団の応援で毎年祝っている。タンゲランの華僑の方も多く実業に成功しており、今やこの言葉は禁句であろう。

|

« Si PitungやSi Jampangはマルンダの義賊 | トップページ | Jayawikarta・Wijayakarta の正体 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チナ・ベンテン?は禁句:

« Si PitungやSi Jampangはマルンダの義賊 | トップページ | Jayawikarta・Wijayakarta の正体 »