« ジャヤ師団の編成と軍国の香り  | トップページ | KAIのラッフルズ・スクウエアー »

2008年4月19日 (土)

RT5/RW3ダンドゥットのコタ・インタン橋

Jembatan_kota_intan_1
カリ・ブサール・バラットのバタビア・ホテル前に掛かる橋はオランダの吊橋Jembatan Jungkit.に似て観光名所になっているがこの橋の名前はJembatan Kota Intanとも謂われる。ここからバタビア城に行けるためでもありバタビア城がBenten Intanと呼ばれていたからである。オランダがここに橋は掛けたのは1628年で大運河の東(オランダ側)と西(旧イギリス側)を繋ぐものであった。従い最初の名前はイギリス橋であったがその後バタビアの中心でJembatan Pusat、そのあと鶏市で賑わいJembatan Pasar Ayam、1938年にはJembatan Ratu Juliana(Pphaalsburg Juliana)と変ってきた歴史がある。
又80年代だったろうかダンドゥットでRT5 RW3というのがあったが、その中にKota Intanが出ていた。 ……No10 Nomornya rumahku ..jl.cinta.. naik saja bis kota jurusan kota intan.. kalo kamu tak keliruu……

|

« ジャヤ師団の編成と軍国の香り  | トップページ | KAIのラッフルズ・スクウエアー »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RT5/RW3ダンドゥットのコタ・インタン橋:

« ジャヤ師団の編成と軍国の香り  | トップページ | KAIのラッフルズ・スクウエアー »