« マルンダのKapten Jonker | トップページ | チナ・ベンテン?は禁句 »

2008年4月 8日 (火)

Si PitungやSi Jampangはマルンダの義賊

Marunda_sep307_019
19世紀の終わり頃、マルンダでオランダの徴税官の横暴から農民を守ったSiJampangは義賊として伝説で残っている。オランダと戦い最後は騙され殺害された。Heukenn 氏は彼の墓がこの地にあるはずであったとして探したが判らなかったそうである。但しもっと有名なSi Pitungという義賊もおり、彼の家はムージアムとなっているそうでマルンダの沖合いの島に高潮から守るため打ち込まれたパイルの上の家である。マルンダの先は工業団地になっておりそれを抜けると湾岸にでる。其処から沖に島がみえたがそこまでで諦めた。一陣の風にカラカラの埠頭は真っ白い砂嵐に襲われた日であった。良く似たSiJagurはジャカルタ歴史博物館に横たわる旧いポルトガルのキャノンの名前である。

|

« マルンダのKapten Jonker | トップページ | チナ・ベンテン?は禁句 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Si PitungやSi Jampangはマルンダの義賊:

« マルンダのKapten Jonker | トップページ | チナ・ベンテン?は禁句 »