« Nillmijとそのジョグジャ支店 | トップページ | Pintu BesarとPintu Kecir 大門・小門 »

2008年4月27日 (日)

ToshibaはオランダJohn Peetに入居

John_peet_toshiba_kota_2008_mar_096
カリブサールにあるこの間一部倒壊したサムドラのビルの横に東芝の名前がでかでかと出て景観を現代の商業主義の世界に引き込まれるビルがあるが、これは東芝が宣伝の為看板を出しているだけかと思ったが東芝が施設として賃貸していることがわかった。この建物は1919年当時のオランダの商業会社John Peet & Co.の為ガイセルが設計したもので正面は5つの柱の区割り(Bay)でこのオープンギャラリーは歩道となっており事務所への熱気を防いでいる。これにより建物は敷地一杯正面に張り出しておりこれは隣の隣のサムドラのコンセプトと同じで、同じ設計者だからである。

|

« Nillmijとそのジョグジャ支店 | トップページ | Pintu BesarとPintu Kecir 大門・小門 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ToshibaはオランダJohn Peetに入居:

« Nillmijとそのジョグジャ支店 | トップページ | Pintu BesarとPintu Kecir 大門・小門 »