« ジャランスラバヤもラワサリと同じ運命 | トップページ | トリコラ、ドイコラ、オイコラ »

2008年5月14日 (水)

4月の投資環境ニュース

*西ジャワ州、北スマトラ州の知事選、相次ぎ大政党候補がイスラム原理主義候補に敗北
*トラック輸送コスト、道路不整備や賄賂が原因でアジア平均より55%高
* 国軍ビジネス移管促進チーム設置へ:大統領令。
* インドネシア最高裁、会計検査院の調査を拒否
* 中古資本財の輸入、来年は原則禁止:工業省金属機械繊維諸産業総局長が方針。
* 海運法改正案、国会で可決。港湾運営を民間に開放へ。
* イ航空会社のEU乗り入れ禁止措置継続決定:EU。
* 08年度予算案も可決。成長率6.8%→6.4%、インフレ6.0%→6.5%、財政赤字GDP比→2.1%
* 観光ビザでのデモ参加はだめ:NGOメンバーら外国人15人逮捕される
* 中銀(BI)総裁を逮捕、中銀改正法審議めぐる贈賄容疑で。
* 日本政府がインフル対策発表。発症邦人の帰国停止など。イ死亡者数107人に。

|

« ジャランスラバヤもラワサリと同じ運命 | トップページ | トリコラ、ドイコラ、オイコラ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の投資環境ニュース:

« ジャランスラバヤもラワサリと同じ運命 | トップページ | トリコラ、ドイコラ、オイコラ »