« Soerosoは元Gondandia | トップページ | Ali Sadikinアリサディキン逝く »

2008年5月22日 (木)

インドネシアのBala Keselamatan救世軍

Bala_keselamatan_jatinegara_084
マトラマン・ラヤ通りを下っていくとき清潔な教会風の建物があった。作りは新しいので小生に取って価値は低いが正面ペディメントに掲げた名前Bala (軍隊の意味)Keselamatanから何とか救世軍であることはわかった。
救世軍とは1865年ロンドンの William Boothと妻のキャサリンが創始し、現在は、世界111の国と地域で伝道事業(=宗教活動)、社会福祉事業、教育事業、医療事業を推進するキリスト教(プロテスタント)の教派団体である。日本では社会鍋などが知られているが国連NGOでありノーベル賞候補である。福音派、教義はリベラルで実践を重んずる。飲酒喫煙風俗は禁止である。活動のいくつかをインドネシア語で言えばDapur Umum(給食所)、Rumah Tumpangan (宿泊所)、Panti Asuhan(孤児院)などがある。1894年オランダ人がはじめ全国15州に活動拠点がありバンドンが本営である。この建物の立派さからジャカルタが本営でもいいような感じであるが。。

|

« Soerosoは元Gondandia | トップページ | Ali Sadikinアリサディキン逝く »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/21089043

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアのBala Keselamatan救世軍:

« Soerosoは元Gondandia | トップページ | Ali Sadikinアリサディキン逝く »