« インドネシアVISAで投資環境悪化は日本の所為 | トップページ | 大潮被害と政府機関のだらしなさ »

2008年5月10日 (土)

Bandung City Heritage Tour

Gmerdeka_bandung_077
バンドンこそが20世紀始めのオランダ建築の宝庫であるのでこれらを訪ねるツアーを紙上で企画してみた。未だ地図までは解らないので歴史の遺産的なものをランダムに書いてみる。
1. グドゥン・ムルデカ(Gedung Merdeka と Museum Asia-Afrika:Museum KAA 、
G.Merdekaは1924にシュマケルが手をいれ、1938年にアールベルスが増築)
2. ホテル・サボイ(Savoy Homann、Jl. Asia-Afrika、1938年アールペルス設計、ストリームライン・アールデコ
3. バンドン工科大学(Institut Teknologi Bandung. ヘンリー・M・ボント)
4. ヴィラ・イソラ/インドネシア教育大学(Villa Isola/UPI ガイセルス)
5. バンドン駅舎(Stasiun Kereta Api、1929 Gijselsアムステルダム的アールデコ)
6. ブラガ通りの建物Center Point Braga
7. グドゥング・サテ(西ジャワ州庁舎、Ir. J. Gerber)
8. グランド・プリアンガー(1929年シュマケル設計)
9. グドゥン・ドゥイ・ワルナ(Gedung Dwi Warna、Jl. Dipanegoro No.59)
10 バンドン郵便局 Gedung Kantor Pos Besar Kota Bandung)
11 グドゥン・パクアン(G. Pakuan、西ジャワ州長官官舎)
12 文化センター財団ビル(YPK, Jl. Naripan No.7)
13 地質博物館(Museum Geologi Bandung)
14 ワンシット・マンダラ・シリワンギ博物館(Wangsit Mandala Siliwangi)
15 ジャワ・バラト銀行(Bank Jabar)その他
- Univ. Pajajaran
- Monumen Bandung Lautan Api(バンドン火の海事件記念碑)
- Observatorium Bosscha(Lembang)
- Pusat perbelanjaan Cihampelas、Cibaduyut、Dako。。。
自然も文化も料理も楽しめる都市であるので今後も折を見て取り上げて行きたいが写真は会議のあったMuseumより100m程度離れているムルデカ会館である。。。

|

« インドネシアVISAで投資環境悪化は日本の所為 | トップページ | 大潮被害と政府機関のだらしなさ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bandung City Heritage Tour:

« インドネシアVISAで投資環境悪化は日本の所為 | トップページ | 大潮被害と政府機関のだらしなさ »