« スカルノハッタ空港にもA-380飛来  | トップページ | Gereja Ayamのネオ・ロマネスク »

2008年5月30日 (金)

インドネシアBRIMICsへ

27日インドネシア地方投資フォーラムが開催され経営コンサルタント大前氏が講演、規模と潜在性では明るい見通しだが対外的イメージが悪くインドネシア自身がBRIICsの概念を世界に訴えていくべきとエールをおくったとジャカルタ新聞が報じている。
同じ日、豪州のシンクタンクでも世界は今インドネシアに対するイメージをブラジル、インド、メキシコと同じ中産国として普通の国としてのイメージにアップデートするべきときだとしている。BRICsの概念はGoldman Sachs のJim O'Neill エコノミストであるがBRICsに続くNext 11として2005年にBangladesh, Egypt, Indonesia, Iran, Mexico, Nigeria, Pakistan, the Philippines, South Korea, Turkey 及び Vietnam. を上げている。彼は若し今それをディスカスするとなるとBRICsの仲間入りするのはメキシコかもしれないがインドネシアもその直ぐ側にいるとコメント、偶々Bloombergもこれらの他に香港のFranklin Templeton Investments.やLehman Brothers Holdings Inc.も時を同じくしてインドネシアの再評価をぶち上げている。結論つけて言えばBRIMICsとなろうか。

|

« スカルノハッタ空港にもA-380飛来  | トップページ | Gereja Ayamのネオ・ロマネスク »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアBRIMICsへ:

« スカルノハッタ空港にもA-380飛来  | トップページ | Gereja Ayamのネオ・ロマネスク »