« 大潮被害と政府機関のだらしなさ | トップページ | ジャランスラバヤもラワサリと同じ運命 »

2008年5月12日 (月)

Geo Wehryのオフイスビルの不気味

107geo_1996_jul01
Geo_wehry_2008_mar
コタのファタヒラー広場から一寸離れた海岸の倉庫方面の道Jalan Kunirを通ると豪壮な建物がもう十数年前から空き家のままであった。Jl. Kunir No.4で昔の道路名はLeeuwinnegrachtstraatである。,ここが蘭領インドの5大商社の一つGeo Wehryジョー・ウエーリーの本社であることを知って最近はどうなったかなと訪問したことがあった。工事中の塀の間から中に入ろうとすると怖そうな守衛に制止され、それでもシャッターを切ったが後で見ると空写真であったので又訪問する羽目になった。このときは門の隙間からこっそり取ったので全景は無理であったがかなり整備されているように見えた。Geo Wehryは1860年設立で、現在のWayang / Puppet Museumを倉庫としていた時代もあった。ここを訪問したインドネシア人も気味悪がっていたが、どうもギャンブルが行われているようである。この建物の設計もガイセルス氏であるが、彼が三つほど設計したデザインのうち、他の二つは建設費が嵩むとして一番シンプルのこのデザインが選ばれて建設された。1927年建設である。写真は十数年前と今年のもの。今年のものは何かに使われている。

|

« 大潮被害と政府機関のだらしなさ | トップページ | ジャランスラバヤもラワサリと同じ運命 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Geo Wehryのオフイスビルの不気味:

« 大潮被害と政府機関のだらしなさ | トップページ | ジャランスラバヤもラワサリと同じ運命 »