« おいしい商品だったコーヒー | トップページ | Surjo、Suwiryo、Suroso スルヨ »

2008年5月18日 (日)

Lawang Sewu 千の扉

スマランもオランダ時代の名残を残す古い町で或いは15世紀の鄭和Ceng Ho伝説から三保廟Sam Po Kongが有名だが市は保護すべき旧蹟建物として102ケ所指定している。Thomas KarstenのPasar JoharやLawang Sewuという建物も同名の映画で有名である。Lawang_sewu_seramang__graceemilia
Lawang Sewu建物自体は1908年建設でオランダのJF Klinkhamer と BJ Quendagの作品である。最初は1864年設立のNederlandsch Indische Spoorweg Maatschappij (NIS 蘭印鉄道会社)の事務所であったが 独立後は現在のKAI(国鉄)の事務所として使われた。映画はこの場所で撮影されたホラー映画であるが、保護施設を映画用に手が入れられオリジナリティが破壊されたとして非難されている。
Lawang Sewuとは千の扉と言う意味で、多分写真では見えないがこの正面の両サイドはオープンギャラリーとなっており40弱のアーク状の門扉で飾られている。5月8日のブログでふれたスラバヤのAlgemeene保険会社と同じネオローマン・アークである。写真はGrace Emilliaさんのブログより借用。

|

« おいしい商品だったコーヒー | トップページ | Surjo、Suwiryo、Suroso スルヨ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lawang Sewu 千の扉:

« おいしい商品だったコーヒー | トップページ | Surjo、Suwiryo、Suroso スルヨ »