« Mesjid Tamboraの謎 | トップページ | Kuwitangのもう一つの教会 »

2008年6月 9日 (月)

08年5月の投資環境ニュース

* インドネシア、OPEC脱退へ2004年に純輸入国に転落。
* 石油燃料の値上げ平均28.7%の引き上げ。
* 空港高速道また閉鎖
* 大統領が石油燃料値上げを決断、3割も(NNA) 貧困層1500万人増加か
* 契約社員制度を法改正で撤廃、労働相
* 対日世論調査、日本は未だ「最も重要なパートナー国」、マレータイ星では中国が一位。
* 次期インドネシア銀行総裁にブディオノ現経済調整相
* 日イ経済連携協定(EPA)、国会可決、7月に発効、貿易の92%が無税に。
* ホテルインドネシア、改築後ホテル・インドネシア・ケンピンスキーとして運営へ、8月
* インフォーマルセクター労働者、年内に1千万人増の7,700万人到達の見込み
* 富裕層増加。預金50億ルピア以上は2.6万人、10億ルピア以上は12.8万人(預金保証機構)
* バタム3島 自由貿易地域の管理庁設置:大統領令出る。向こう5年間に外資誘致5倍へ
* 改正地方自治法に大統領署名、2008年第12号法律。無所属候補の立候補認める。

|

« Mesjid Tamboraの謎 | トップページ | Kuwitangのもう一つの教会 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08年5月の投資環境ニュース:

« Mesjid Tamboraの謎 | トップページ | Kuwitangのもう一つの教会 »