« Lindetevesとは懐かしい | トップページ | Menteng 31に集う人々 »

2008年6月 2日 (月)

Marundaの謂れ

タンジュンプリオクから更に東に進むとマルンダの工業団地などがあるがこの地区の名称のマルンダとはHeukenのジャカルタ地誌によればこの地に住んでいた盗賊の名前、Rondaから来ていると言う。中国商人Nuk Eng Cakを殺したためオランダの地区地主のSchotに追われ最後は捕まりグロドック刑務所に入れられたそうである。
良く似た名前に17世紀のオランダの艦隊長官 de Rondeがいるがこれが名前で残る筈はない。この刑務所は昔はLindeteves市場の裏にあったそうである。Heukenは他にもこの地の義賊を紹介しているがその内Si PitungやJonkerは既に紹介した。Marundaには何故か多くの盗賊伝説がある。

|

« Lindetevesとは懐かしい | トップページ | Menteng 31に集う人々 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Marundaの謂れ:

« Lindetevesとは懐かしい | トップページ | Menteng 31に集う人々 »