« Bank EXIMの最初と最後 | トップページ | Toko Tigaと言うBakmi »

2008年6月12日 (木)

Pinangsari Noodle & Chinese Resto

Pinangsari
華人の友人がレストランを開いたと言うから出かけてみた。 プルイットのPantai Mutiaraの高級住宅地を後ろに控え、前は大メガモールで好立地かも知れない。パンタイ・ムティアラは各家にマリーナを持つようなジャカルタの北海岸に開発された住宅地である。このピナンサリはNoodleも専門の一つなので昼、小腹が空いたときも、夜のディナーにも向いている。メガモールは昔、鰐園があったところで100匹以上は居ただろう鰐は何処に行ったのであろうか 鰐の口に頭を入れたり鰐のちんぽこを引き出したりしたショーをやっていたが今は面影もない。このメガモールを中心にして囲む道は一方通行で前面がPluit Indah 裏手がPluit Permai通りであるがそれを更に外郭で囲む道がPluit Barat Raya、Pluit Selatan Raya、Pluit Timur Raya、そしてPluit Utara Rayaと約1km程度の四角形で囲んだ北のPluit Utara Raya No.56に店はある。高速でPluitの入り口のJembatan Tigaから右側Pluit湖側のPluit  Timur Rayaを北上し同Utara通りで入り中ほどムアラカラン発電fのところでUターンし
て500m程戻ると店はある。 バクミー ピナンサリがバクミー・ガジャマダのように有名になることを祈る。 
電話は6660-5656

|

« Bank EXIMの最初と最後 | トップページ | Toko Tigaと言うBakmi »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pinangsari Noodle & Chinese Resto:

« Bank EXIMの最初と最後 | トップページ | Toko Tigaと言うBakmi »