« Pinangsari Noodle & Chinese Resto | トップページ | Slamet Riyadiはアンボンとソロで取り合い »

2008年6月13日 (金)

Toko Tigaと言うBakmi

Sriyadi_029
ピントゥ・クチールの奥、運河を左に取った先にToko Tigaと言う通りがあった。今もあるかどうか知らないが、一方通行の狭い道で車が数珠つなぎの道でここにBakmi Toko Tigaと言う中華ラーメン屋がある。 中国人の店の名前が道路名になるとはすごい力であるが多分通称になってしまっているだろう。このバクミーもジャカルタでは古くから有名である。手狭になったからであろうが現在はここは1支店となり、何時の頃からか本店はワヒッド・ハシム通りに移ってきている。ここが出来る前はメンテン・チョクロアミノト通りのヘーローの横で営業していた時代もあった。 小生はここのあれは豚の内臓だろうかMi-Babatを良く食べる。内臓の切れ端をよけながら、時々細麺にまぶして思い切って食べる、その時チャベーも多めにしてハラハラ食べるのが好きである。 写真はワヒッドハシムは3140902

|

« Pinangsari Noodle & Chinese Resto | トップページ | Slamet Riyadiはアンボンとソロで取り合い »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Toko Tigaと言うBakmi:

« Pinangsari Noodle & Chinese Resto | トップページ | Slamet Riyadiはアンボンとソロで取り合い »