« 月刊誌「インドネシア企業経営」6月号 | トップページ | Corneliaとバタビアの貴婦人 »

2008年7月 5日 (土)

GKI Kwitang教会の歴史

Kwitang_004
6月10日のブログの後、再度碑文を読みにこの教会を訪れた。その歴史は概ね下記のようである。
1873年にオランダの改革派クリスチアン教会は宣教師 E.Haanをバタビアのオランダ人のために派遣した。毎週金曜自宅で欧州人、ジャワ人、アンボン人、チナ系が集まった。Haan はインドネシア人にも手伝わせた。1886年にオランダはHaanの後、Ds.Huysingを後任に指名し、彼のアイデアで教会が建設された。その後も代は代わり又牧師も増えた。1924年には建築家 F.Wiemanの手により改造も行った。この教会は1929年に始めてムラユ語でサービスを行う現在の教会として落ち着いた。正式名称はGereja Kristen Indonesia Kwitang

|

« 月刊誌「インドネシア企業経営」6月号 | トップページ | Corneliaとバタビアの貴婦人 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GKI Kwitang教会の歴史:

« 月刊誌「インドネシア企業経営」6月号 | トップページ | Corneliaとバタビアの貴婦人 »