« スカルノ第三夫人 南溟に消ゆ | トップページ | Krakatau SteelとMittal  »

2008年7月25日 (金)

Harian RakyatのMascotto

Bandung_069
アジア・アフリカ通りは昔グローテ・ポストウェークと言われた大通りであるがそこに2大Heritageのホテル、サボイ・ホマンとプリアンゲルがある。プリアンゲルから上っていくと、サボイホマンの前にこの一寸古い建物がある。と言うよりプリアンゲルの隣である。
正面にPikiran Rakyatとあるので同名の新聞社の事務所であったのであろう。過去形であるのは既に閉鎖されている為である。この建物は1925年頃建てられたものでMas O‘yeのサイトで当時はMascottoと言う名前の自動車販売店であったようだ。Pikiran Rakyat誌はバンドンを中心とする西ジャワをカバーする地方紙である。20万部程度であるのでこの建物の利用にも事欠くのかもしれない。

|

« スカルノ第三夫人 南溟に消ゆ | トップページ | Krakatau SteelとMittal  »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Harian RakyatのMascotto:

« スカルノ第三夫人 南溟に消ゆ | トップページ | Krakatau SteelとMittal  »