« ITB、スカルノの母校 | トップページ | ジャガタラ文のお春こいしや »

2008年7月13日 (日)

Lindeteves Trade Centerとは

Lindeteves
グロドックのハヤム・ウルック側、グロドックセンターの横にLindeteves Trade Centerなるものがある。多分2004年頃出来たものと思うが当時はLindetevesは駐車も難しく、混雑しており、危険で楽しいところではなかったという。
小生の記憶はその前の時代かも知れないが、この辺りは何もなく広々としたパッサールだったように記憶する。
Lindeteves Trade Centerはワンストップ トレードのコンセプトをもち、道具類、電気製品、音響・映像機器、携帯電話、コンピュ-タ、電子機器の商人のための屋台含めたスペースを用意し、又フードコートや遊技センターヤジャイアント ハイパーマーケット、テナントに対した倉庫機能もPABXも備えている。
このリンデテフェス地区はPT. CITRA GEMILANG NUSANTARAが金物商の為に開発したもので2.6haある。もともと金物家庭用品の市場として何十年も有名であった。
ここの歴史はオランダの会社のNV Lindeteves Stokvis &Faという鉄鋼建材ファブリケーターの所在地であった。

|

« ITB、スカルノの母校 | トップページ | ジャガタラ文のお春こいしや »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lindeteves Trade Centerとは:

« ITB、スカルノの母校 | トップページ | ジャガタラ文のお春こいしや »