« Jl. BankのEscomptobank | トップページ | 7月インドネシア投資環境ニュース »

2008年8月14日 (木)

Bandung燃える

最近バンドンが燃えているのであろうか 知り合いで今週来週で3組も行く話しがある。
Indonesia's New Hot Spotというブログにも出くわした。
どうもバンドンが燃えているいるようだ。国内はもとより海外からの観光旅行が見直されてきたということのようだ。
バンドンが燃えているといえばLautan Apiである。
1946年3月24日 連合軍のバンドン占領でインドネシアはバンドンの南側へ撤退したとき市民20万人も自宅を焼き払い又再度の取り返しを誓ったバンドン火の海(LautanApi)事件である。
この焦土作戦はパラヒアンガン議会の決定により当時地区司令官であったA.H. Nasutionが指導した。 この前連合軍はスラバヤにもスマランにも上陸、砲火を交えているがBandungはABCD(Anak Bandung Cinta Damai)といってOTISTAが外交交渉を進めていたがLaskal Hitamに誘拐され前年末殺されている。 又Mohammad Tohaが爆薬庫の爆発で死亡している。
焦土作戦のその時の気持ちを歌ったのがイスマイルマルズキが作曲したHallo Hallo Bandungであるが、歌って撤退したのではない。

|

« Jl. BankのEscomptobank | トップページ | 7月インドネシア投資環境ニュース »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bandung燃える:

« Jl. BankのEscomptobank | トップページ | 7月インドネシア投資環境ニュース »