« オランダ企業国有化の背景 | トップページ | Gambirガンビールの謂われ »

2008年8月 5日 (火)

Cipta Niagaの建物似の元BDNコタ本店

Faflatehan_107Kota_2008_mar_075_3

7月30日のブログでJl. Bankの昔のBDNだとして写真をアップロードしたが左手のBIの建物がBIの物でなくBank Megaの看板もあったので間違いではないかと確かめに行ってきた。 やっぱりそれは他の建物であることが判明、急ぎ修正した。間違った建物には何の表示もなく、トッカン・パルキールに聞いたところ、Cipta Niagaだと答えて呉れた。Cipata Niagaならオランダの商社の国有化した後の名前であろう。ファタヒラー広場のカフェ・バタビアに入る所で左手に見る角度である。その運河沿いは2本の塔のある大きな建物があるがその裏手になる、繋がった一連の建物である。塔のある方もCIPTAのものだと言うのでその場では納得し帰ってきたがトッカンの言うことだから又間違いかと心配である。これも又確認に行かねばなるまい。

|

« オランダ企業国有化の背景 | トップページ | Gambirガンビールの謂われ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cipta Niagaの建物似の元BDNコタ本店:

« オランダ企業国有化の背景 | トップページ | Gambirガンビールの謂われ »