« 紅河事件当時の華僑たち | トップページ | Siliwangi師団とカルトスウイルヨ »

2008年8月27日 (水)

「ヌサンタラの古代王国」 出版

先日「ジャカルタ道路の英雄・偉人名」の出版についてお知らせしたが、同じ頃小生の先輩志村隆太郎氏も掲題のタイトルの著作を出版(私家本)しており昨日一冊頂いた。副題に「読んでみて訪ねてみたインドネシア古代史」となっており実際にUIのハッサン教授とも親交のある氏は情報交換しながら、またカリマンタンのクタイ王国、スンダのタルマネガラ王国、スマトラのスリウイージャヤ、ジャワのマタラム・パジャパヒット等々の遺跡を訪ねて、写真も満載の堂々350頁の研究・紀行誌に仕上がった。古代史だけでなく第6章にオランダの侵略からオルデバルまでの歴史も纏められているのでインドネシア通史である。小生の値踏みをすれば相当なものであるが、限定期間割引でインドマルコでRp500,000で販売している。良かったらどうぞ k2433@attglobal.netに連絡下さい。

|

« 紅河事件当時の華僑たち | トップページ | Siliwangi師団とカルトスウイルヨ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヌサンタラの古代王国」 出版:

« 紅河事件当時の華僑たち | トップページ | Siliwangi師団とカルトスウイルヨ »