« バタヴィア号の惨劇と救出劇 | トップページ | 華僑と華人 »

2008年8月22日 (金)

Santa Maria Fatima Church中国教会

金徳院寺院の裏手に当るのだろうかToa Se Bio寺からも遠くないところに中国人のための教会がありSaint Maria Fatima Churchと名付けられている。
当初はマンダリンしか利用できなかったが今は全ての人にオープンである。この教会のつくりはユニークで元々これは中国人のTjioeと言うLuitenantの為の住宅であったものである。中央の住宅に両サイド二つの建物で左右対照なつくりで前面に二つの獅子像が置かれ屋根はツバメの尾のスロープを示し真ん中に十字架が立っているのやっと教会であることがわかる。中庭にはけばけばしい壁画が作られていた。Toa Se Bio寺も裏の川から見たものだろうと見当をつけるも再度確認St_maria_de_fatima_glodok_060_2
に行くのには一寸腰が引ける大変な地区である。

|

« バタヴィア号の惨劇と救出劇 | トップページ | 華僑と華人 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Santa Maria Fatima Church中国教会:

« バタヴィア号の惨劇と救出劇 | トップページ | 華僑と華人 »