« GDPに対応しない日本企業 | トップページ | バタヴィア号の惨劇と救出劇 »

2008年8月20日 (水)

Siliwangi師団司令本部付近

Bandung_aug08_206
バンドンのJl.KalimantanのSiliwangi師団の分遣隊(Detasmen)を紹介したが本部と遠く離れている分遣ではない。その対角線のJl.Acheにあるのが師団司令本部(Makodam)である。こちらは豪壮な構えの宮殿作りでR.L.A.Schoemakerの設計である。Makodamが取る前は蘭印軍最高司令官の公邸であった。その先の西側のJl.Sumatraには陸軍士官の事務所、現在は陸軍会計局IIが使用している。その隣はパスンダンの協会(Paguyuban)、更にその先が師団法務部と師団領域参謀が入っている建物が続く。 銃を向けられて逃げるほどであったので写真はMakodamだけである。

|

« GDPに対応しない日本企業 | トップページ | バタヴィア号の惨劇と救出劇 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Siliwangi師団司令本部付近:

« GDPに対応しない日本企業 | トップページ | バタヴィア号の惨劇と救出劇 »