« nifty が不調 | トップページ | Sutoyo将軍とSurono将軍  »

2008年9月10日 (水)

PrasastiのDr.Brandes

Prasasti_08aug_5
プラサスティ墓地公園の墓の由来をいちいち書いてみても詮無いが、とは言えここで一生を終えた人々の人生を思うと人生の重みと儚さを感ずる。と言う訳で又出掛けてお墓の写真を撮ってきたのでお墓シリーズが続くと思う。最初はDr.Jan Laurens Brandesで墓碑には1857年生まれ1905年死亡とある。考古学者(Archaeologist)でありヒンズーの彫像のコレクターであったがこのコレクションは現在は国立博物館にあるそうだ。どれにあたるかは知らない。又彼はマレー語、ジャワ語、マドゥラ語に通じた文学者でもあった。それだけのことがどの本にも紹介があった。「ヌサンタラの古代史」著者 志村隆太郎氏ならもっと詳しいかも知れない。

|

« nifty が不調 | トップページ | Sutoyo将軍とSurono将軍  »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PrasastiのDr.Brandes:

« nifty が不調 | トップページ | Sutoyo将軍とSurono将軍  »