« Bencon中国人カプテンの墓 | トップページ | nifty が不調 »

2008年9月 8日 (月)

ダーンデルスとTrans-Jawa

Bandung_064_grootepostweg_2
18世紀数次にわたる蘭英戦争はフランス革命のあとのオランダがフランスに占領された為英仏戦争となったが1800年のジャカルタ大海戦で勝利を確保できなかった英国は、一時停戦した後も攻撃の手を緩めず、ためにナポレオンは武人のダーンデルスを総督として派遣した。ダーンデルスはオランダの愛国党の頭領であったがプロシア軍の侵入時フランスに逃れ、その後フランスの軍人としてオランダを占領、後に元帥にまでなるナポレオン崇拝者であった。ジャワに赴任後英国との闘いに備え兵の訓練、兵舎、士官学校、武器製造所、要塞を整備したが中でも特筆されるのがジャワ北縦貫道路である。アニエールからパナルーカンまでの1,100kを1銭の賃金も払わぬ賦役(Rodi)で1年で完成させた。プリアンガンや北岸は難工事を極め数百人の土人が死んでいった。これで従来40日かかっていたものが6日で到達することが出来るようになる。200年後今トランス・ジャワの高速道路の建設が財政面からも民間にやらせること、農地の逸失は外島への移民で賄えるかと話題になっている。
写真はバンドンを通るGroote Postweg現在のアジアアフリカ通り。

|

« Bencon中国人カプテンの墓 | トップページ | nifty が不調 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダーンデルスとTrans-Jawa:

« Bencon中国人カプテンの墓 | トップページ | nifty が不調 »