« Dibawah Pohon ガリン監督の「木下で」  | トップページ | Dasaad  でなくINKOPAD »

2008年10月24日 (金)

Bandung Java銀行のGrandeur

1900年代になると民間建築事務所が現れインドネシアの各地の大都市にその建造物を残している。Cuypers, Hulswitt en Fremontが有名で幾つかのジャワ銀行(現在のバンクインドネしアア)を設計したがBandung_aug08_024
未だImperial Styleの影響を受けローマの列柱、ペディメントを持ち左右対称である。その他のスタイルとしてはジャカルタノ大伽藍のゴティック建築(1910年?)がある。
1920年代は個人の設計家が現れTechnische Hoges School, Bandung (ITB), やクディリのGereja Pohsarangその他ジャワの各地の鉄道駅舎を設計したHenri Maclaine Pontが始めである。ポントを受け継いだのはその生徒たるThomas KarstenでPasar Johar Semarang dan Museum Sonobudoyoが有名である。ITBの東西の建物やソノブドヨ博物館はインドネシアの伝統が取りいれられている。

1930年代にはバンドンでC.P. Wolff Schoemaker はVilla Isola (現在バンドン教育大学長寮rektorat UPI,)、A.F. AllbersはHotel Savoy Homann 残している。
これらは伝統的インドネシアの文化の要素は入ってない。
街の建設では1910年PAJ MoojenがN.V. de Bouwploeg (Boplo)が開発する現在のメンテン地区を設計した。BOPLOの事務所は現在Cut Meutiaモスクにあった。Karsten もスマランのチャンディ地区やマゲランの都市の設計に携わった。とSATAN ANINDITOが書いていたがBIの特徴はバンドンかもしれない。

|

« Dibawah Pohon ガリン監督の「木下で」  | トップページ | Dasaad  でなくINKOPAD »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bandung Java銀行のGrandeur:

« Dibawah Pohon ガリン監督の「木下で」  | トップページ | Dasaad  でなくINKOPAD »