« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の投稿

2008年10月31日 (金)

Yusron Ihzaとは誰?

機内で手にした読売新聞の麻生首相の1日欄に午前の部に昔ジャカルタ駐在しておられた安居奨策氏の日本政策金融公庫総裁との面談?に続き午後0時41分にはインドネシア日本友好議員連盟のユスロン・イーザ会長の訪問を受けたことが記載してあった。何か聞いたことがある名前でありユスリル・イーザ・マヘンドラ氏を思い出して周りのインドネシア人に誰なるかを聞いたが誰も知らず、やっとネットで次のことが解ち納得したことだった。
 やっぱりスハルト退陣劇から出てきた元国家官房ユスリルの弟で現在未だ50歳である。
 現在は同じ月星党に所属し国会第1委員会副委員長を務めており。
 日本との関係は、UIで博士号取得後、日本のつくば大学でLegal Law Master (LLM)を取得、更に日本大学の講師もやったことがある。或いは1993年ごろはインドネシア・日本学生連盟の会長を務めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

Michiesl中将のモニュメントとKock大将

Monumen Michiels と言えば2006年正月のこのブログの原点みたいなものである。Prasasti_08aug_3Hetmichielsmonument18881889

Lapangan Bantenからイステクラル・モスクとプルタミナの間の道Jl.Perwira(昔のWillem Laan)に向かうモスクの敷地(昔のWilhelmina Park)にこのモニュメンはあった。写真で見るモニュメンは隣のローマンカトリック教会(現在のカセドラル)に比べ2倍くらいの高さがあるように見えた。このモニュメンは西スマトラ遠征軍司令官でありそのあとバリ攻略軍司令官であったAndreas Victor Michiels中将の記念したものという。ローマンカトリック教会は当時の副総督であり蘭印軍最高司令官であるKock大将の土地でもあった。1849年にMichiels中将がなくなった後1853年から1855年の間に建造されたというが何故上位の武勲もあるKock大将の記念碑ガがなくMichiels中将のがあるのかは不明である。コック大将については5月25日のブログを参照して欲しいが、彼はデポネゴロ戦争でベンテン戦法を編み出したが莫大な財政支出を伴うものであったというのが敗因であろう。彼の墓はプラサスティ墓碑公園にあるがこの墓碑公園にMonumen Michielsに良く似た建造墓があったので今日はそれを比較してみよう。絵のほうはAdityawarman氏のブログにあるものを借用した。横にローマンカトリック教会も見える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

青年の誓いの日

もうすぐ29日になるころになって今日は青年の誓いの記念日であることを思い出した。Sep07_salemba_kopi_038
1928年10月28日インドネシアのPemudaがここジャカルタのクラマットの集会場に集まり青年の誓いの決定を行った日で、その誓いとは一つのインドネシアと言う国、一つのインドネシア人という民族、一つのインドネシア語という言葉の下、蘭領インドからインドネシアへ独立を夢見た議決であった。この決定書の後半は「インドネシアの下の団結への信念はその基礎となる下記に留意する事で発せられるとして熱望、歴史、言葉、慣習法、教育はぐくみ」を挙げている。この20年前の5月20日がブディウトモ結成を記念した民族覚醒の日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

Bandung 美しい都 トップへ

インドネシアの観光情報センターがインドネシア国内諸都市の美都ランキングを出していた。 以前にもこのブログで脚光を浴びたバンドンを紹介したが、Bandung_aug08_008
小生自身長くジャカルタにいてバンドンは遠い存在だった中で、ジャカルタやバンドンヘリテージに関心を持つようになって認識したことだった。美しい都市としてランクインするためには観光・旅行者への情報が用意されていることや一番重要なことは歩ける安全性である。この点ジャカルタは小さい点でありその一帯をゆっくり歩けるのはファタヒラー・カリブサールだけである。逆に言えばそこには人々の生活がないからである。まぁ彼らの独りよがりのランクを見てみよう。 スラバヤの人には申しわけない。
1. Bandung, 2. Jakarta,  3. Yogyakarta,  4. Batam,  5. Bali,
6. Toba,  7. Karakatau, 8. Tana Toraja,  9. Lombok,  10 Semarang,
Also don’t miss the other beautiful cities in Indonesia like Jawa, West Sumatra, Manado, Sangalaki, Komodo and Kupang. So, come and visit Indonesia.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

テロの脅威高まっているのか

豪州政府は豪州国民に対しインドネシアへの旅行について再考するよう求める警告を発した。インドネシア政府は11月に懸案の2002年バリ爆弾事件の犯人3名の死刑を執行することが確実になるに従い、その裏付けとなるようなニュースが多く出ている。ただそれらのニュースはインドネシア政府のテロ対策の成果となるものであり、不安はこれで防禦が出来ているのかと言う点である。
テロの資金を見るアルカイーダのアフガンがインドネシアに入国するとき逮捕され米国に移送されたニュースやボゴールやクラパガデンで一味の根城を襲い5名を逮捕している。
この現下の状況にこれ以上の社会破壊はごめん蒙りたい。少なくとも米国主導の資本万能主義にはインドネシアは関係ないはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

Dasaad  でなくINKOPAD

9月20のブログでかの元Dasaatのビルの崩壊しつつある建物を見つけて全体のビルをDasaatの所有だと思ったがInkopad_fatahilah
DasaadはJl.Kurnia側に面している方で、ファタヒラー広場に面している方はINKOPADが所有していることが解った。多分この一角は真ん中にも何かがあり3社位が関係するかもしれないのでいずれ又確かめに行かねばならない。ファタヒラーに面している方は現在ビリヤードになっており薄暗くて不気味だったので覗いていない。INKOPADといえばInduk Koperasi Angkatan Darat の略で陸軍の協同組合のperum組織である。軍のビジネスが問題になっているが、INKOPADは色々輸入などもやっており、ボゴールの方に住宅コンプレックスも持っている。写真のカフェ・バタビアの隣がINKOPADである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

Bandung Java銀行のGrandeur

1900年代になると民間建築事務所が現れインドネシアの各地の大都市にその建造物を残している。Cuypers, Hulswitt en Fremontが有名で幾つかのジャワ銀行(現在のバンクインドネしアア)を設計したがBandung_aug08_024
未だImperial Styleの影響を受けローマの列柱、ペディメントを持ち左右対称である。その他のスタイルとしてはジャカルタノ大伽藍のゴティック建築(1910年?)がある。
1920年代は個人の設計家が現れTechnische Hoges School, Bandung (ITB), やクディリのGereja Pohsarangその他ジャワの各地の鉄道駅舎を設計したHenri Maclaine Pontが始めである。ポントを受け継いだのはその生徒たるThomas KarstenでPasar Johar Semarang dan Museum Sonobudoyoが有名である。ITBの東西の建物やソノブドヨ博物館はインドネシアの伝統が取りいれられている。

1930年代にはバンドンでC.P. Wolff Schoemaker はVilla Isola (現在バンドン教育大学長寮rektorat UPI,)、A.F. AllbersはHotel Savoy Homann 残している。
これらは伝統的インドネシアの文化の要素は入ってない。
街の建設では1910年PAJ MoojenがN.V. de Bouwploeg (Boplo)が開発する現在のメンテン地区を設計した。BOPLOの事務所は現在Cut Meutiaモスクにあった。Karsten もスマランのチャンディ地区やマゲランの都市の設計に携わった。とSATAN ANINDITOが書いていたがBIの特徴はバンドンかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

Dibawah Pohon ガリン監督の「木下で」 

Deibawah_pohon_2
東京映画祭に参加しているインドネシア映画を見に行ってきた。
Under_the_tree_034
ひょんな事から福岡でのインドネシア映画祭を羨んでブログで紹介し、その出品作品からひょんな事で手元に写真を取っていた作品「一切れのパンの愛」を調べてブログに紹介した、その監督がガリン監督であるが、今日そのガリン監督の作品を鑑賞しなんとガリン監督以下出演者を含めたティ-チーインで会ってきたのである。パンフには「夫々の事情を抱えてバリを訪れる3人の女性。母性を軸に生と愛と死がバリ島特有の祝祭性の中で自在に語られる。審査員経験者の鬼才監督がTIFFコンペに復帰!監督ガリン・ヌグロホ、出演:マルセラ・ザリアンティ、ナディア・サフイラ、アユ・ラクスミ」とあった。 久し振りにこれこそインドネシアの日々の生活Tidak punya uangをどっぷり味わったがしぶとく生きる彼らの本当の気持ちはケセラセラだったのであろうか。ドリスディの「ケセラセラ」は子供の言葉だったので明るい歌で、この作品にはぴったりしない感もあったが。
また偶々「現代インドネシア事情」にもガリン監督を紹介したコンパス誌を紹介していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

マジャパヒットの金の芸術と老化現象

写真は13世紀マジャパヒット時代の金の装身具だそうだ。Scan10104
高さ13センチ故、胸の辺りにでも飾るのだろうか。金の板を打ち抜き透かしで文様を描く、その凹凸が光にきらめく。真ん中の丸い中に太陽神スーリヤが馬に乗っており上に塔、下にヴイシュヌのほら貝、最下部に対のナーガが支えている。周りには揺れる葉が20枚ほどぶら下がっている。国立博物館にある。
と引用して追い込まれたブログとした。記憶力が散漫でパソコン操作も行きつ戻りつである。若いときは新陳代謝が早い為頭の動きも行動も早く、多くのことが出来るため時間もたっぷりと感じる。やはり若い世代に比べると1/2以下である。世の中に定年後も高給を取り、若い部下に手を取られながらやっと動いている老人は事故が起こる前に辞めるべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

Buku Besar Grootboek

コタ駅の正面、昔EXIMバンクのバンクマンディリ博物館はオランダ時代の商社NHMの本社であった。博物館の中に大きな日記帳のようなものが飾ってある。Grootboek
オランダ語でGrootboek、インドネシア語ではブク・ブサールであるが形状だけを言っており、中身の説明は横の小さな説明書きがそえてあるので、それに見ると財務諸表、プランテーションや商品の記録、毎月末の債権債務の変更、スラバヤ・スマラン・パダン・アニィエールの代理店の記録などが書かれているものである。1833年から1837年までの記録とあるので、会社設立後10年ごろゆえ未だ商社としての活動の時代であったかもしれない。サイズは67センチx54センチ、234頁、28kgの表示がしてあった。彼方此方動かせるものでもないので社長室などに置かれて経理部長位が立って記録をとっていたものであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

Prasasti 公園の世界遺産的価値

タナーバンのプラサスチ墓碑記念公園Taman Prasastiは1795年から使用されて、1976年に閉鎖された。Prasasti_front_yard_half
独立後の最初の2年はVerlag Foundationが次の20年はPalang Hitam Foundation.が、その後1975年までジャカルタ市墓地局が管理した。その時の面積は5.9haの大きなものであったが1.3haに縮小され、中央ジャカルタの区役所Kantor Wali Kota Jakarta Pusat.が建設された。未だ子孫がいるものは引き取られ或いはタナクシールの墓地に移された。その後1977年にはアリ・サディキン市長の下、ミュージアムに衣替えした。結果総数4,200の内、現在1,300の墓が残っているが、最初の場所にそのままあるのは32個のみである。造園建築家のNirwono Joga,は10年間の調査結果を'Museum Taman Prasati: Metamorfosis Kerkhof Laan Menjadi Museum' (Museum Park of Memorial Stones: The Metamorphosis from Kerkhof Laan to Museum). を著したが彼はここが世界一古い墓地だとしている。シンガポールのFort Canning Park は1926年であり、シドニーにはGore Hill Cemetery (1868) が、パリにはLa Chaise Cemetery (1803) 、マサチューセッツにはMount Auburn Cemetery (1831世界最初の近代的墓地)、ワシントンのArlington National Cemetery(1864) が古い墓地として有名である。世界遺産の登録を申請したがアメリカの反対で成立していないとの事である。小生も一寸今の整備状況では無理だと思うがアメリカのバージニア大学のケース(9月24日のブログ参照)もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

メーチニコフの驚きの生涯

ロシアの革命家メーチニコフ著、渡辺雅司訳の「回想の明治維新」を流し読みした。明治維新直後の慌しい時代の庶民の力強い生活や歴史に根ざした文化に素直驚いている。滞在1年半で日本語論、日本史論を展開し日本地図まで物にした。欧州各国語・アラビア語・中国語・日本語等10以上の外国語もマスターし論文、著作も多数、生涯たったの50年でここまで達するのだと驚く。メーチノフ(1838-1888)は、若いときロシアの大学や祖国からまで追放され、祖先の仇を討つとしてモルダビアに潜入したのを皮切りに、バルカン、スペイン、ポルトガル、イタリアの革命を追い、イタリアではがルバルヂの赤シャツ隊も率いた戦闘で足を爆破される。ジュネーブで大山巌(後の元帥)や木戸考允に邂逅、西郷の招待で来日するが、来日時は西南戦争で最早西郷はなく文部省のお抱えの東京外語大教授として過ごす。アナーキニストでもある彼は“ブ・ナロード(民衆へ)”と日本民衆が勝ち取った維新の感動を求めて日本にやってきたのである。「日本帝国」というフランス語の大著もある。
彼の地図にはちゃんと日本海とあるのを見たが、これで韓国の論点を突破できないかとふと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

ポケケアの巨石文化

昨日ふとNHKを見やるとスラウエシの古代遺跡跡で遊ぶ子供達の風景が映し出されていた。それに続き幸運にもスラウエシのめがね猿の生態ドキュメンタリーまであった。Kalamba_pokekea
古代遺跡の方はむしろ巨石文化であるが、中部スラウェシのポソ県の山峡付近 Lore Lindu国立公園の中にあるようだ。パルーからナプ峡谷さらにベソア峡谷のペケケア一帯(標高1,200m)に有史以前の巨石(megalith)が転がっている。一つのタイプは人物土偶で他は大きな壺状のものである。この壺は清水を貯めるものもののようであり、又お墓となるものと見られ大きな蓋もあり、20個ほどもある。像も壺も1.5メートルの高さであるがHolocene完新世の時代のものと言う。写真はBalai Arkeologi Manadoから借用の壺(Kalamba)である。
スラウエシはアジアの地殻変動時代、現在の豪州の一部がちぎれて合体しスラウエシ島として孤立した為この島独特の種が数多くあり又豪州特有のはずの有袋類もいるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ジャカルタ日本食材店再開運動へ参加

昨日のジャカルタ新聞ではメラミン含有食品に端を発した今回のインドネシア国家医薬品食品監督庁(BROM)の差し押さえ没収措置に対し現地では署名活動を開始したとの事である。
小生もジャカルタに行けば大変お世話になっているので傍観しているわけにも行かず日本から署名運動に参加した。賛意を表したい方があればメールしたらどうでしょうか
メールアドレスはtakanashi@cosmo-store.comで、文章は「インドネシア政府国家医薬品食品監督庁の御社に対する商品没収等の強権発動に対し抗議運動の参加して署名します。」としておきましたが。(TELコスモ(720-7112~13)
メラニンから現在は輸入検査パスに問題が移っているようであるがこの輸入検査は4ケ月も掛かるということでその間に食品も痛んでしまう。国民のニーズを無視した公務員の怠慢が問題である。大使館もジャカルタにおける最大の日本人配置機関(法人含め)であるのでうまく解決して欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

Cipta Niagaの生まれと現在

Cipta Niagaについては7月30日のブログにも書いた通りカフェバタビアの斜め後ろのビルであり、又その左手の後ろはカリブサール・チムールに面しているので2ケ所の正面を持つのかも知れない。Cipta_niaga
Cipta niagaは現在崩壊寸前である。現在この建物はITCの所有であるがITCは2003年Cipta Niaga、Pantja Niaga、Dharma Niagaの国営3商社を合併して出来た会社で現在も生きている。ジャカルタ市はこのCipta Niagaの建物をリノベートするよう要望しているが、ITCにはその資金がない状態である。崩壊寸前ではあるがこの間インドネシア映画 Ayah2 Cintaの撮影ロケーションの一つであったり、ファッションショーも行われたようであるが、最近見たこの建物はとても入れる状態には見えなかったが。。写真はダイブ前のものである。
ある住所録にはCipta Niagaは二つの住所があり、Jln. Kali Besar Timur No. 17 とJln. Pintu Besar Utaraであり、ここからもカリブサールの東通りのあの二つの塔を持つ古いビルはCipta Niagaであることが判明した。
このビルの生まれはスマトラ パダン市にもあるCipta NiagaはオランダBig5の一つInternatioであるのでここもInternatioであったかも知れない。
これについてはBig 5と国営商社10社の関係を別途しらべなければならない。 
その後の調査ではPintu Besar Utara側のビルはDharma Niagaであるちゃんとした資料もあった。(Mar.7,2017)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

アメリカ発金融恐慌の裏側で

昨日は東京株式市場も暴落、今日はどうなっているのだろうか のんびり昔を尋ねるブログなど書いてては世の中に遅れるわけで、半分気がきではないがそれより人に笑われそうである。何か書いても笑われるだろうが。。
インドネシアは株式市場を連続3日閉鎖したそうである。賢明なことである。小生もこの騒ぎで大損をこいているがどうすることも無く東京市場の動きに目を閉じ、TVチャンネルを変えてるくらいだから、むしろ閉鎖してもらった方がありがたい。
今の株式市場は正常ではない。これが必要かどうかさえ疑問である。資金調達から必要と言うのであれば借りた側に仁義を尽くすのが筋であろう。金利の動きや為替の動きに比しても動きが大きすぎる。為替も投機の対象であるのでフリーフォールもあるが最後は国民が審判する。物価に影響してくる段階でストップが掛かるはずで、苦しさは3年で年10%が小生の我慢の限度であるのその程度におちつくのではないか。今は投機で遊ぶ人の損を善意の国民大衆に押し付ける為の市場である。 この金の仕組みや動きは誰も理解してないが大衆自身もそうであるが、知ったかぶりしたがったりし、メディアは事件が大きいほど嬉しいようで声をあげ、叫び、投機家は次のチャンスの到来に舌なめずりする。
ギャンブルは犯罪なのである。少なくともインドネシアでは。ギャンブルで自殺する人もいるが、そのうち仲間で自粛の気持ちが湧いてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年10月10日 (金)

一切れのパンの愛、インドネシア映画祭より

これも日イ国交樹立50周年を記念したイベントであるが、福岡市総合図書館でインドネシア映画特集をやっている。この8日から25日まで14本を2回ほど繰り返してやっているので福岡在住の人はまだ全部を見ることができよう。@ガドガドにも案内があったが、14本のタイトルは「血と祈り」、「三人姉妹」、「初恋」、「ママッド氏」、 「少女ポニラー」、「囚われの美女 ロロ・ムンドゥット」、「ナガ・ボナール将軍」、「チュッ・ニャ・ディン」、「ヌサ・プニダ島」、「一切れのパンの愛」、「ラマダンとラモナ」、「いきなり、ダンドゥット」 「GIE]、「永遠探しの3日間」である。
Perfilman_cinta_005
この中の「一切れのパンの愛」を紹介する。先ず福岡市総合図書館・シネラhttp://www.cinela.com/のから:
「ハリスと妻のマヤンは結婚記念の休暇で旅行を計画する。そこへ友人のトパンがお祝いにやって来て、三人で旅行する。旅をする内に三人の関係が微妙に変化していく。インドネシアを代表する巨匠、ガリン・ヌグロホの監督デビュー作。過去のインドネシア映画とは全く異なり、フランスのヌーヴェルヴァーグを連想させる作品」とある。
原題はCinta dalam sepoton roti でGarin Nuguroho監督の1991年作品で、各国で上演され多くの賞を得ている。彼の他の作品を上げると、Dibawah pohon (2008) Opera Jawa (2006) Daun di atas bantal (1998) Surat untuk bidadari (1994) などがある。出演はインポのハリス役でAdjie Massaid 、 マヤンにRizky Teo、トパンにTio Pakusodewoである。何時ぞやポスターを写真にとっていたのでこれを飾っておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

ジョグジャカルタ世界遺産ウォークツアー開催案内

内外航空(株)が 日本・インドネシア友好50周年を記念し企画したツアーの案内が来た。
ジャワ島の2つの世界遺産・ボルブドゥールとプランバナン遺跡を訪ね、併せて周辺のウォーキング大会が開催されます。5km、10km、20kmが用意され又、スペシャル・イベントとして、ジョグジャカルタ王宮でのウエルカムパーティー(ジャワ舞踏とガムラン演奏)やプランバナン遺跡屋外劇場でのサヨナラパーティー(ラーマヤナ舞踏観劇)などがあります。
期間:平成20年11月28日(金)~ 12月2日(火)5日間 (7日間もあり)
料金:\98,800(5日間エコノミー)(7日間やエクゼクティブクラスも別途あり)、サーチャージ別、お問い合わせは下記宛てどうぞ:
内外航空サービス(株)旅客営業1部営業2課
 電話:03-3572-8822(10/13まで)、 03-6910-0141 (10/14より)
 担当:猪越、藤芳、萩原、渡辺、メール:  sales@naigainet.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

9月のインドネシア投資環境関連ニュース バアシルの動き

10月
* 世界金融危機:大統領拡大閣議を招集。貿易強化、予算の利用見直し、社会保障の強化など
* バリ・テロ死刑囚3人問題。バアシルも「死刑執行ならイに大惨事」と報復暗示。

9月
* ビン・ラーデン・グループ、バクリー株12%を取得、3.71兆ルピア。
* INPEX、ティモール沖でのLNG生産基地建設へ。早ければ2015年に生産開始。建設費1兆円超
* トヨタMM21に最大規模パーツセンター稼動 40,000m2
* IT産業競争力ランキング、イは67カ国・地域中58位:ビジネス・ソフトウエア連盟調べ。
* 汚職指数ランキング、イは180カ国・地域中126位、足元では汚職撲滅委が収賄容疑で逮捕
* ポルノ規制法案の国会可決を延期。当初は23日可決の予定だった。
* 事業を行いやすい国ランキング、イは129位、昨年より2ランクダウン:世銀調べ。
* 経済特区法案(KEK)、自由貿易地域上回る優遇盛る(NNA)
* アジアの司法制度ランキング、イは13ヵ国中最下位:香港の調査機関
* 日本政府が提唱の「東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)」の研究事務所の開所式
* 日本官民全国協議を初開催、行動提言へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

ABN-Amroの前身はNHM or NHB 

9月23日のAmro Bankのルーツの謎をやっと解明することが出来た。
NHMはウイレムI世の イニシアティブで1824年、イギリスが東インドをオランダに還付した年、VOCの蘇生を願った貿易会社を作り、ハーグを本店とし東インドに支店を展開した。東インドではDe Factorijとも呼ばれた。1830年ファンデンボッシュの強制栽培が始まるやオランダ政庁の収穫物の貿易に従事し、商社の他に銀行業も、船舶エージェントも兼業しプランテーションも保有した。1858年にシンガポールにも支店を設けたがこれが後シンガポールの最古の銀行となる。強制栽培の廃止の後1882年ごろから銀行業務に専念、1903年上海支店では上海ダラーの貨幣発行も担当した。1920年から1942年に東インド国内及び、アジア各地の銀行ネットを完成させた。
1960年在インドネシア資産はインドネシア政府の国有化に遭ったが、本店は1964年に1861年設立のトウェンテ銀行(Twentsche Bank)と合併しABN銀行となった。一方1871年設立のアムステルダム銀行と、1863年設立のロッテルダム銀行が、1964年に合併しAmro Bankとなっていたがこの両行が1991年に合併しABN-Amro銀行となっていたものである。トウエンティ銀行とロッテルダム銀行はイギリスの植民地銀行を範として東インドに支店を設立していた。またロッテルダム銀行は1960年Nasionale Handelsbankを合併していた。つまりNHMもNHBもABN-Amroで合流していたのである。Juanda_114_28
ABN-Amro Bankは本店が証券取引ビルと個人営業部門はJl.Juanada No.23にあるとのこどであるが、この間端から端まで歩いた時にも気が付かなかったので代わりのジュアンダのマンディリ銀行を掲げて、次回の宿題としよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

路傍のスカルノ

カサブランカ通りの先のAbdul Syaffiie通りのガソリンスタンドの横にスカルノの胸像が建っている。コンクリートを塗り固めたような粗末な胸像である。誰かこの近くに住んでいるスカルノを崇拝する人が立てたのだろうと思っていたがAbdul_syahiie_006
写真を見ると横にマルハエンの旗が立っている。多分前回の選挙に公認されたマルハエン主義国民党の事務所が近くにあるのかも知れない。マルハエン国民党((PNI Marhaenisme)はスカルノの大衆主義と国民党の流れを汲むものとしてPDIPから1995年に分離(スペニ派)した、党主はスカルノの次女スクマワティである。前回の総選挙では0.89%、1議席を獲得するのみであった。
序でに言うとスカルノ3女はラフマワティと言うが彼女も2002年先駆者党(Partai Pelopor)を結党、0.77%の得票率ながら2議席を獲得している。スカルノの息子二人は芸術活動などで派手さがないが、娘3人は大したものである。多分に親父の血を受け継いだのであろうが、親父の女性遍歴にはどんな影響を受けたのであろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

日本占領とオランダ人収容

ジャカルタのShahab氏のTempo Doeloeシリーズに日本占領期の収容所(Kamp internir)の話がある。
日本軍はインドネシアに上陸占領するや当時いたオランダ人は10万人の規模であった。数百年も一等国のステータスを誇示していたオランダは大日本の軍隊に逮捕され悲惨な目にあった。Kemakmuran Asiaアジアの繁栄のスローガンの下、ドイツ人以外の欧米人の運命は収容所で終了した。男女を分けたのはいいが却って同性愛がはびこった。それ以上に看守と女性収容者の間にも性関係は起こった。又あるオランダ女性は書いている。日本の憲兵隊は私の父を捕らまえ叔父を証人として焼いた椰子殻の火で赤い棒を付きたてた。その他長い間父の顔にスタンプを押した。
Grodok_112
ジャカルタではSluiweg(現在マトラマン)の契約苦力の宿泊所には3,000人規模のオランダ人が収容された。その他Jl Jagamonyet (現在 Jl Suryopranoto)の元KNIL司令本部にはマルク兵士が、又ジャティネガラのBukit Duriや現在HarcoとなっているGlodok収容所(英豪人主体)やGrogolの病院、タンジュンプリオクのKojaやカンプン・マカッサールの収容所が主なものであった。
日本への降伏で長いオランダの占領は終わったはずであったが独立宣言後直ぐ植民地軍NICA (Koninklijk Nederlands Indisch Lager)を展開させインドネシア民衆の厳しい抵抗を受けることになる。彼らは未だ植民地として継続できると思っていたに違いない。と言うのはオランダ人用住宅地クバヨランバルーが建設され1948年に完成したのである。
日本は1899年に東インド在住の日本人に欧州人と同じ法的待遇を与えるとの条約をオランダと締結していた。1900人の日本人のうち500人は遊興関係であった。VOCの初めにも出島からの多くの遊女がいてクーン総督の後釜のJacques Specx総督もSaraと言う名の日本女性との同棲の結果の娘を持っていたという。
第2次世界大戦の始まる1940年日本人は急激に増加し8,000人となっていた。かれらは一般には静かに生活していたが多くの人は日本上陸時短期間に勝利した日本の占領に彼らが貢献したと見ている。
1941年7月、オランダは未だ中立を守っていたが、日本が南インドシナに侵略するや経済封鎖を実施、1942年1月に日本軍(Balatentara Dai Nippon)が蘭領インドに武士道精神で侵略するや2ケ月で1942年3月8日KNILは打ちのめされた(bertekuk lutut)
これは2004年10月12日の同氏の寄稿であるが、別のリポートではCipinang、Cideng、Raden Saleh、Bidaracina、Unie Kampung (Tanjung Priok) Batalyon Xが書き足されている。
写真はグロドックの裏。何時ぞやGlodokの収容所を写真に取りに行っ時のものだ。ここは収容所と言うよりオランダ時代からの刑務所で20世紀の初めハッタもそれ以前のマルンダも入れられているから相当古い。写真を撮ろうと思ったのはここで日本軍人が逆に収容され戦犯として銃殺に処せられたことが頭にあったからである。無念の銃殺については「桜チャンネル」に詳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

Jembatan Merah と路面電車

ジャカルタにもジェンバタン・メラーがある。以前に本家スラバヤやボゴールの「赤い橋」は紹介したがマンガドゥア辺りに小さなGangやPasarの名前で誰にも知られずにいたがグヌンサハリにアンチョール行きのバスウエーが出来て、Kota_2008_mar_113
このマンガドゥアがグヌンサハリにぶつかる所のチリウン運河に掛かる橋の辺りにジュンバタン・メラーと言うバス停が出来たので小生の知る所となった。
ここは大昔オランダ時代にも路面電車の駅であったようだ。ファタヒラートンネル工事の時の出土品が昔の路面電車の名残だったそうで日本が占領する前まではバタビアには5路線の路面電車があった。当時の路線はジャカルタポストによるとPasar Ikan-Tanah Abang、Tanah Abang-Jembatan Merah、Pasar Ikan- Kampung Melayu、Harmoni-Menteng、Jembatan Lima-Kramatなどで、Bataviasche Verkeers Maatschappijが 1888年その前の馬車Sadoを駆逐して急速に展開したが、最初は蒸気機関車で逐次電気機関車に変わり、1960年代には早や取り壊された。
Tio Tek Hong氏の思い出では日本占領期コタからジュンバタン・メラー間の路線は取り除かれ、残ったのはジュンバタンメラー-クラマットだけだったそうである。いずれにしても遠いオランダ時代に既に都市マス・トランジットが完成していたことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

Rafflesとライデン

又プラサスティ墓碑公園であるが、幾つかの墓名をメモして出かけ、その時ライデンの名前もメモしてあったので、安心していたのであるが、今日花崎泰雄氏のホームペイジでライデン(レイデンとも)に再会し、アルバムをチェックすると写してないことがわかった。あの時Soe Hok GieやDr. Brandesの墓は何とか撮ったが案内人が蚊に食われ、嫌がられたのが失敗の原因である。004olivia1
ジョン・キャスパー・ライデンはラッフルズの無二の友人であり、一緒にバタビアにやって来てラッフルズの夫人オリビア共々この地で果て、この墓碑公園に埋葬されているのだ。
二人の出会いは1805年でラッフルズは既にペナンの東インド会社に赴任していた。偶々マドラスの東インド会社の医師であり、詩人でもあるライデンはペナンに転地療養に来ていたが、ラッフルズ夫人のオリビアはライデンを献身的に看護し、三人はお互いを敬愛する中となった。オリビアは35歳、ライデン30歳、ラッフルズ25歳という大人の情愛に包まれていたと言える。ラッフルズのジャワ侵攻案をライデンが強く押し、ミントー総督の決断で1811年ジャワ侵攻がなったが、ライデンはジャワに付くや間もなく病に倒れ、ラッフルズがこの地に埋葬した。オリビアもその後献身的にラッフルズに仕えながら1814年になくなり、ラッフルズがライデンの墓の横に埋葬した。ラッフルズの後ろ盾ミントー総督も既に無くラッフルズはこのとき以降最初の人生の大きな転機を迎えることとなる。写真も花崎氏より無断拝借、手前がレイデンの墓である。1817年ラッフルズは31歳のソフイアと再婚したが彼女はラッフルズ伝を記すが、オリビアやライデンについては既述は少ない。ラッフルズのオリビアに対する愛への嫉妬の為とも感じるが、オリビアとラッフルズの生活9年と同じ9年後、ラッフルズは45歳で往くことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

所得税率引下げとタックスプラニング

2009年より個人所得税、法人税ともその税率が大幅に引き下げられるが、これを機に、従業員の給与システムの改善など含めたタックス戦略が検討できます。この他、インドネシアの会計・税務・輸出入手続き等下記の記事満載の月刊誌「インドネシア企業経営」9月号($100/月)が発売中である。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はk2433@attglobal.netに照会下さい。

インドネシアの 今月の税務法令アップデート
インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
インドネシアの 会計原則 112(リース会計 2007改訂)
インドネシアの 所得税率改訂のインパクトと戦略
インドネシアの 所得税率新旧・対日比較早見表
インドネシアの 輸出課徴金から輸出関税へ
インドネシアの 工業営業許可、拡張許可、工業登録
インドネシアの 改正PPN法案における海外へのサービス輸出
インドネシアの ミクロ・中小企業法とパートナーシップ
インドネシアの 銀行への推薦状
インドネシアの 今月の労働関連トピックス
インドネシアの 自分で実施した建設工事にかかるPPN
インドネシアの 08年5月新経済パッケージ~エネルギー編
インドネシアの フランチャイズ登録証の規定変更
インドネシアの ビジネス・エグゼキュティブ ランダム2
インドネシアの     2008年8月度 下旬 政治・経済トピックス
インドネシアの     2008年9月度 上・中旬 政治・経済トピックス
インドネシアの     物価・貿易統計2008年9月発表
橋本政彦 「明日の街角33~終わりの始まり? 」 
柘海広志 「羽黒フォーラムにて(2)」
西見恭平 「インドネシアの華僑・華人小史(補足)」
インドネシアの     今月の月次経済指標 2007-2008トレンド
インドネシアの     今月の会計・税務用換算レート
インドネシアの     今月の為替株式金利の動き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

大槻氏の「インドネシア専科」と清原嘉彦画伯

9月28日のテ・ボトルの話は一寸した、気に掛かったニュースをメモしていた所、丁度読んでいた大槻重之氏著の「インドネシア専科」生活編にちゃんとテ・ボトルの出生談が載っていた。Scan10012
サンディワラと比較したクトプラの話やバトミントン選手の話など小生がこのブログで書き、書こうとしている未知と思われた題材は全て既にあったのである。これはお馴染みの同氏の同名のホームペイジを冊子化したもので全9冊、現在発行済み8冊は以下の構成である。
A. 風土編 080項目 001~080
B. 地誌編 162項目 081~242
C. 歴史編 122項目 243~364
D. 政治編 106項目 365~470
E. 経済編 092項目 471~562
F. 社会編 194項目 563~756
G. 生活編 146項目 757~902
H. 文化編 098項目 903-1000
丁寧な自家製本に出来上がっており、清原嘉彦氏の水彩画がほのぼのと引き立てる。価格は1冊500円と実費のみであるが、同氏のホームペイジhttp://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308かメールbachw308@jttk.zaq.ne.jpで申し込めば送料込みで送ってくれる。
小生は清原嘉彦氏のジャカルタ風景をカレンダー化したいのだが。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »