« Cipta Niagaの生まれと現在 | トップページ | ポケケアの巨石文化 »

2008年10月13日 (月)

ジャカルタ日本食材店再開運動へ参加

昨日のジャカルタ新聞ではメラミン含有食品に端を発した今回のインドネシア国家医薬品食品監督庁(BROM)の差し押さえ没収措置に対し現地では署名活動を開始したとの事である。
小生もジャカルタに行けば大変お世話になっているので傍観しているわけにも行かず日本から署名運動に参加した。賛意を表したい方があればメールしたらどうでしょうか
メールアドレスはtakanashi@cosmo-store.comで、文章は「インドネシア政府国家医薬品食品監督庁の御社に対する商品没収等の強権発動に対し抗議運動の参加して署名します。」としておきましたが。(TELコスモ(720-7112~13)
メラニンから現在は輸入検査パスに問題が移っているようであるがこの輸入検査は4ケ月も掛かるということでその間に食品も痛んでしまう。国民のニーズを無視した公務員の怠慢が問題である。大使館もジャカルタにおける最大の日本人配置機関(法人含め)であるのでうまく解決して欲しいものだ。

|

« Cipta Niagaの生まれと現在 | トップページ | ポケケアの巨石文化 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ日本食材店再開運動へ参加:

« Cipta Niagaの生まれと現在 | トップページ | ポケケアの巨石文化 »