« Dasaad  でなくINKOPAD | トップページ | Bandung 美しい都 トップへ »

2008年10月26日 (日)

テロの脅威高まっているのか

豪州政府は豪州国民に対しインドネシアへの旅行について再考するよう求める警告を発した。インドネシア政府は11月に懸案の2002年バリ爆弾事件の犯人3名の死刑を執行することが確実になるに従い、その裏付けとなるようなニュースが多く出ている。ただそれらのニュースはインドネシア政府のテロ対策の成果となるものであり、不安はこれで防禦が出来ているのかと言う点である。
テロの資金を見るアルカイーダのアフガンがインドネシアに入国するとき逮捕され米国に移送されたニュースやボゴールやクラパガデンで一味の根城を襲い5名を逮捕している。
この現下の状況にこれ以上の社会破壊はごめん蒙りたい。少なくとも米国主導の資本万能主義にはインドネシアは関係ないはずである。

|

« Dasaad  でなくINKOPAD | トップページ | Bandung 美しい都 トップへ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テロの脅威高まっているのか:

« Dasaad  でなくINKOPAD | トップページ | Bandung 美しい都 トップへ »