« メーチニコフの驚きの生涯 | トップページ | Buku Besar Grootboek »

2008年10月18日 (土)

Prasasti 公園の世界遺産的価値

タナーバンのプラサスチ墓碑記念公園Taman Prasastiは1795年から使用されて、1976年に閉鎖された。Prasasti_front_yard_half
独立後の最初の2年はVerlag Foundationが次の20年はPalang Hitam Foundation.が、その後1975年までジャカルタ市墓地局が管理した。その時の面積は5.9haの大きなものであったが1.3haに縮小され、中央ジャカルタの区役所Kantor Wali Kota Jakarta Pusat.が建設された。未だ子孫がいるものは引き取られ或いはタナクシールの墓地に移された。その後1977年にはアリ・サディキン市長の下、ミュージアムに衣替えした。結果総数4,200の内、現在1,300の墓が残っているが、最初の場所にそのままあるのは32個のみである。造園建築家のNirwono Joga,は10年間の調査結果を'Museum Taman Prasati: Metamorfosis Kerkhof Laan Menjadi Museum' (Museum Park of Memorial Stones: The Metamorphosis from Kerkhof Laan to Museum). を著したが彼はここが世界一古い墓地だとしている。シンガポールのFort Canning Park は1926年であり、シドニーにはGore Hill Cemetery (1868) が、パリにはLa Chaise Cemetery (1803) 、マサチューセッツにはMount Auburn Cemetery (1831世界最初の近代的墓地)、ワシントンのArlington National Cemetery(1864) が古い墓地として有名である。世界遺産の登録を申請したがアメリカの反対で成立していないとの事である。小生も一寸今の整備状況では無理だと思うがアメリカのバージニア大学のケース(9月24日のブログ参照)もある。

|

« メーチニコフの驚きの生涯 | トップページ | Buku Besar Grootboek »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Prasasti 公園の世界遺産的価値:

« メーチニコフの驚きの生涯 | トップページ | Buku Besar Grootboek »