« Javasche Bankのバタビアとバンドン | トップページ | 月刊誌「インドネシア企業経営」10月号 »

2008年11月 3日 (月)

プラサスティ展示会とMchiles将軍

一寸時間があったのでプラサスティ墓地公園に行ってきたところ現在 隣の茅屋で展示会をやっていた。主要なお墓のカタログなども入手できるので暇の方は行かれると良い。
Prasasti_michiels_08aug_7
前回のMonumen Michielsでは彼のお墓の写真が後回しになったので今回アップロードする。丁度ラッフルズ夫人のお墓の近くで将軍と思えないほど小さいものであった。
カタログによると生まれはオランダのマーストリヒト、1797年生まれで1849年亡くなっているので若干52歳であった。17歳から軍隊に入り、1817年にジャワに派遣され、中部ジャワ、チレボン、北スマトラ、西スマトラを歴戦し最後はバリ攻略時の1849年5月25日にクルンクン王国の兵士たちの攻撃に遭い戦死した。この重責と功績に対しオランダ政庁はウオーターループレイン(現ラパンガンバンテン)に記念碑を建設したとある。

|

« Javasche Bankのバタビアとバンドン | トップページ | 月刊誌「インドネシア企業経営」10月号 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラサスティ展示会とMchiles将軍:

« Javasche Bankのバタビアとバンドン | トップページ | 月刊誌「インドネシア企業経営」10月号 »