« Alydrusはジャカルタに来たムハマッドの子孫 | トップページ | Pekojanのチナ寺院 Lu Pan »

2008年11月27日 (木)

国民動植物愛護の日

Taman_mini_028
ちょっと数日前になるが日曜日11月23日は動植物愛護の日であったのかラスナのニーアゲン・セラン会館で小学生を集めたイベントがあった。環境担当国務大臣主催でGembira Ria Siswa Terpadu Foundationや. Communications, Indonesia Cares for Nature (KPAi)協賛・参加を得て市内Tarakanita 5小、Al-Azhar Kelapa Gading小など10小学校から100名の小学生を集め、動植物の絵描き、トリビア・クイズ(雑学クイズ)、映写会などが行われ子供達に環境保護の大切さを目覚めさせたものであった。実際の生活の中でインドネシアのflora and faunaを見ることが少ないのでRagnan動物園やMekarsari Fruit Parkなどを充実させる必要があろう。ミニインドネシアの植物園も貧弱で且つ名前などの表示や展示彫像の関連もわからなかったことを思い出す。写真はミニインドネシアの彫像、意味不明のものである。

|

« Alydrusはジャカルタに来たムハマッドの子孫 | トップページ | Pekojanのチナ寺院 Lu Pan »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/25689274

この記事へのトラックバック一覧です: 国民動植物愛護の日:

« Alydrusはジャカルタに来たムハマッドの子孫 | トップページ | Pekojanのチナ寺院 Lu Pan »