« バンドンBragaのBioskop | トップページ | PekojanのLanggar Tinggi »

2008年11月24日 (月)

最近のインドネシア生活

ここ20日間のブログは惨憺たるものである。死刑執行後の報復電話の連続と領事館の緊急電話連絡、、ルピアの意味のない下落に手を拱くままの状態、アパートの引越しと20年弱のゴミの廃棄の問題、この生活をbindする新規契約への決断等々でついついブログがおろそかになった。そしてここまで来た今、テロの脅威は忘れての毎夕飯の為の外出が続き、計算放棄の相場任せの成り行きで、両替トコエマスで110万ルピアに騙されそうな気になり、日本語の大量書籍とビデオをアパート購入者に進呈したが当然捨てられ、顧客会社の原価計算分析で頭を悩ましている。
しかしインドネシア人の金持ちも、日本人シェフが居なくなったあの店のスタッフ達も、小生と同じここ4年で19回も往復している友人も、小生が来ると日本に帰る彼も、誰も彼もが全てを飲み込んで変わらぬ生活をしている。

|

« バンドンBragaのBioskop | トップページ | PekojanのLanggar Tinggi »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のインドネシア生活:

« バンドンBragaのBioskop | トップページ | PekojanのLanggar Tinggi »