« PekojanのLanggar Tinggi | トップページ | 国民動植物愛護の日 »

2008年11月26日 (水)

Alydrusはジャカルタに来たムハマッドの子孫

コタにあるAlaydrus通りの言われについては4月17日のブログに書いたがその通りにはその昔、裕福なアラブ商人のHabib Abdullah bin Husein Alaydrusが住んでいたそうでアチェ戦争などに多くの献金をしたが世界恐慌で多くの借金を造り最後はオランダのBank Nilmijに買収され、1938年80歳代でなくなったということを養息子のこれも80歳代なのであろうかHabib Abubakar Alaydrus 翁が話してくれた内容を紹介した。Pekojan_nov_08_092
彼はPekojanのJami Annawir改修にも資金を提供したそうで、このJami Anwirを訪ねてみたが現在は荒れてモスクには見えない。Pekojan_nov_08_088
近くに小奇麗な建物があったのでこれかもしれない。Jami Anwirは1760年にムハマッドの娘Fatimahの流れの子孫 Ali Abdulah Bin Hussein Alaydrusが創建した。Luar Batangのモスク(1739年建設(4月5日のブログ参照)はAli Habib Husein bin Abubakar Alaydrusが建設した。Alaydrusは共通名であるが全て家族か子孫なのであろう。

|

« PekojanのLanggar Tinggi | トップページ | 国民動植物愛護の日 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Alydrusはジャカルタに来たムハマッドの子孫:

« PekojanのLanggar Tinggi | トップページ | 国民動植物愛護の日 »